> スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • --.--.-- --:-- 
  • Comment(-) |
  • Trackback(-) |
  • URL |

> フラグルロックで英語勉強

32話『あそぶの大好き(原題 All Work and All Play)』 

フラグルロックのリスニング、今回はドーザーの話を選びました。
32話『All Work and All Play』(コンプリートDVDシーズン2の2枚目に入っています)
日本版では「あそぶの大好き」というタイトルだったと思います。
この話はドーザーの話の中で一番有名な話だと思います。フラグルになりたいドーザーのお話。
フラグルロックでドーザーが初めて主役になった回です。主役はコッターピン・ドーザー。

こちらの動画は以前にも紹介しましたが、この回の劇中歌です。


ドーザーには「ヘルメット戴冠式」があり、ヘルメットをもらうことで一人前のドーザーとして建築の仕事をできるようになります。ドーザーにとってそれが一番素敵なこと。ところが「建築なんかしたくない、ヘルメットなんか欲しくない」というドーザーが出てきます。それがコッターピン。コッターピンはフラグルになりたくてレッドのところへ行くんだけど、自分がドーザーであることを認識する結果になるというのが今回の『All Work and All Play』のストーリーです。


この回のトリビア
・モーキーとブーバーは出てこない
・ゴミーさまとゴーグも出てこない
・ドーザーの食料はfood pellets(フード・ペレット)
・フラグルロックのコミックにもこの話がある。また絵本にもこの話が元になっているものがある
・コッターピンの歌『The Way I've Got to Go 』は10話『Don't Cry Over Spilt Milk』の中でモーキーが歌う『Kick a Stone』のアレンジバージョン。モーキーとコッターピンは同じ人Kathrynさんが演じていますが、この2つの曲は全く違う歌い方をしているんだヨ。
・レッドの歌『Rumble Bug Hum
 これ、いつだったかのイベントでレッドが会場の人と一緒に歌っていました。(実際はレッドじゃないと歌えないような早口の歌で、イベントではゆっくり始めて最後にはノーマルテンポにもっていって会場の人が歌えなくて笑い出すというもの)


フラグル用語
 Rumblebugs…ランブル虫。ランブルはフラグルロックに住む昆虫の一種でよく鳴く
 Rumble-hums…ランブルのハミング
 the cave of the Rumblebugs…ランブル虫のいる洞窟
 Whistling Tunnel…口笛トンネル
 Wingnut…ウィングナット。コッターピンのママの名前
 Flunge…フランジ。コッターピンのパパの名前
 Granny Cantilever…グラニー・カンチレバー。コッターピンのおばあちゃんの名前


ではではリスニングです。



ゴーボーとレッドはハガキを取りに行った帰り道。レッドが「外の世界なんてドーザーと一緒で退屈だわよ」なんて言っています。
その近くを通りかかるドーザー
 “ Work shift, Doozer. Heading home! ” 「交代だ。家に帰ろう!」
交替制勤務なのか~。
仕事上がりのドーザーたちが「ゲームしないか?」「家に帰ってガーデニングするって妻に約束してるんだ」なんて言いながらたむろっていますが、仕事が終わったドーザーたちはみんなヘルメットを脱いでることに注目!

~ 公園でのコッターピンのシーン ~

 レンチ “ Hi, Cotterpin. Me and Staple are going out back and play work crew. Want to come? ”
 コッターピン “ Aw, give me a break, Wrench. We’re gonna be workers in a couple days. Who want to play at it? Besides I’ve got to study this dumb instruction manual. ”
 レンチ “ Haven’t you finished memorizing that yet? The Arkitect is gonna have a fit. ”
 「やあ、コッターピン。ステープルと作業員遊びをするんだけど、君も来るかい?」
 「冗談でしょ、レンチ。私たち後2・3日で作業員になるのに、誰がそんな遊びしたいのよ?それに私勉強しなきゃだもん、このやーなマニュアルを」
 「まだ覚えてなかったの? アーキテクトがカンカンになるぞ」
  have a fit …「かっとなる」「動転する」「卒倒する」ってな意味
  instruction manual …普通に訳すなら「取扱説明書」 でもこれ、ドーザーの教科書のことだと思う

二日後の式は、コッターピンとレンチとステープルの3人がヘルメット授与なのね。
レンチの自分の一人称ってクッキーモンスターみたいにme なのかな?


 レンチ “ Getting a helmet and becoming a worker is the greatest thing in life. ”
  「ヘルメットをもらって作業員になることは人生で一番偉大なことだ」

ドーザーの価値観がハッキリ出てます。でもコッターピンは勉強より絵を描くことに夢中。作業員には魅力を感じていません。

そこにママ登場。ちゃあんと勉強しているか様子を見に来ましたよ~。
ママが来たと知り、横になっているコッターピン。

 コッターピン “ I’ve over studied. My brain is being squashed right down into my toes! ”
 ウィングナット “ Have you really been studying your instruction manual? ”
 コッターピン “ I’ve got to the smartest toes in Doozer-dom. ”
 「勉強しすぎだ~。私の脳みそがつま先まで下がっていってる!」
 「あなた本当に勉強してたのかしら?」
 「私はこのドーザー世界で一番頭のいいつま先持ってるんだから」

え~っと、ここ、軽くジョークをかましてる場面だけど、最初はなんて言っているのかさっぱり分からなかったよ~。ちゃんと勉強してるのか見に来たママに「脳みそが足の方に行っちゃった」って誤魔化してるわけね。
そこへパパのフランジがやってくるんだけど、このフランジの台詞もまた聞き取りにくいったら!

 フランジ “ Well, look at here, it appears to be a family and they appear to be mine! ”
 「おやおや、ここに家族がいるじゃないか、わたしの家族のようだ」

こういう言い方(まず自分からみた言い方をして次に相手側からみた言い方をする)ってウェンブリーがしがちなんだけど、中の人が同じだから?
娘のコッターピンったら変な絵ばかり描いてて勉強しないのよ~ってパパに言うママ。

 ウィングナット “ Now, Cotterpin, remember the story of “THE DOOZER WHO DIDN'T?” He didn’t work and he didn’t build. ”
 フランジ “ And he grew long far and a tail and turned into a Fraggle! ”
 「コッターピン、“THE DOOZER WHO DIDN'T?”という話を思い出してごらん。働かなくて建てなかった男の話よ」
 「そして長い毛としっぽが生えて、フラグルになったのだ!」

ここで THE DOOZER WHO DIDN'T?というタイトルの本の話が出てきます。これ、実際にThe Legend of the Doozer Who Didn'tというタイトルで絵本化されてます(1984年発刊)。働かずに遊んでいたらフラグルになっちゃったという話。ドーザーの昔話ではフラグルは働かないドーザーのなれの果ての姿だそうな(ノ∇≦*)
コッターピンは「それが本当ならいいのに」「フラグルのほうがいいな」なんてのたまっていて、パパとママに先生のアーキテクトのところへ行けと言われちゃいました。


~ アーキテクトのシーン ~
ここがね~、建築現場なもんだから建築用語が出てくるの~。難しい~。
とりあえず単語だけでも。
 cantilever…片持ち梁
 dimensions…寸法、面積
 blueprint…計画図

コッターピンを見て「またか。これ以上私にどうしろと?」なんて言っています(ノ∇≦*)

 コッターピン “ Why don’t you give up on me? Ha ha! ” 「諦めるってのは? ははは」
 アーキテクト “ Don’t get sassy smart with me! ”  「私に生意気な口をきくな!」
  sassy…口語で「生意気な」「厚かましい」って意味

ヘルメットじゃなく別のものが欲しいというコッターピン。

アーキテクト“Happy Doozers building, the creative joy of work is the finest thing there is. ”

ドーザーがビルを作るのは創造する喜びこそ最高のものだからなのねo(*⌒―⌒*)o
でもコッターピンには他にも素敵なことがあるじゃないか、例えばランブル虫の声とかって言うけれど、「あっちで勉強しろ」って言われちゃった(ノ∇≦*)

そのあっちにはゴーボーとレッドが「口笛トンネル(Whistling Tunnel )まで競争しない?」「後でね。今は後ろ歩きで記録を出そう」「待って!ランブル虫の洞窟へ行こう!」ってやってます。それを見てコッターピンがフラグルになりたーいって思っちゃう(⌒∇⌒)分かる分かる


~ ゴーボーとウェンブリーの部屋のシーン ~
帰り道でランブル虫を見つけてハミングを覚えてきたってレッドがハミングしてるんだけど、それを聞いたウェンブリーと続くゴーボー、レッドの会話

 ウェンブリー “ That’s neat! ”
 ゴーボー “ Now, we can read the postcard from uncle Matt! ”
 レッド “ Not neat. ”

また出てきました。That’s neat! これは『River of Life』でも書いたけれど、「整然としている」「すっきりしてる」という意味。ウェンブリーがよく使うフレーズです。
ゴーボーの「おじさんからのハガキを読もう!」はお約束♪ それを聞いたレッドがすぐさま Not neat. と言ってハミングをやめているのがおかしいの(っ*≧▽≦)つ

おじさんのハガキは飛ばしてっと(笑

レッドたちの話題はドーザーのこと。フラグルがドーザーをどう見ているかが分かります。
 レッド “ I mean all they do is work! No games, no fun. ”
 ウェンブリー “ No, lunch! ”
 「仕事ばっかりして、ゲームもないし楽しみもない。ランチもない」だって!

その様子をこっそり覗いているコッターピンに「家に帰って勉強しなさい!」ってアーキテクトのお叱りの声が。勉強サボってばかりなんだから「注意するのはこれが最後だ」って怒りたくもなるわな(ノ∇≦*)
勉強しろ勉強しろと言う親や先生とサボってばかりの子どもというどこにでもあるやりとりで視聴者の子供の心をつかんだに違いないゾ。ドーザーの社会は人間社会を反映していて面白いの。


~ 夜、コッターピンの家 ~
勉強してます(笑 
コッターピンが読んでいるのは恐らく instruction manual

 Rule No1. A Doozer’s nature is to BUILD. Rule No.2...
 「ルールその1 ドーザーの本質は建てることだ。 ルールその2…」

あははは。やはりそうか。

そこへパパが「勉強してるな? 絵描いてるんじゃないだろな?」って様子を見に来て、ママも「後で問題出すからね」って窓から顔を出しています。こういう部分も子供心を掴むよね。パパが行った後「フラグルになったっていーじゃん。レッドっていうひとはランブル虫のハミング覚えたんだぞー」ってぶつぶつ言ってるのも気持ち分かるなあ。(親の方の気持ちはもっと分かるけど(ノ∇≦*)



~ ヘルメット戴冠式 ~
動画のシーンの前に家からコッターピン家族が出てきて、娘は今日から社会人だ、おめでとう!って場面があるんだけど、ツッコミ入れていいですか?

 ウィングナット “ Oh, no. I forgot to wax a dog. ” 「しまった、犬にワックスかけるのを忘れていたわ」

えーーーっ!? 犬?! 犬ってなに???
聞き違いかと思ったんだけど、dog って言ってるよね?!


ヘルメット式の歌の最後で
 コッターピン “ No! No! NO! NO! I won’t take a helmet! I won’t build! I’m going to be a Fraggle! ”
 「ヘルメットは受け取らない!建てたくない!フラグルになる!」
と出て行きました。ドーザーたちはみんなびっくり!


~ コッターピンとレッドが初めて会話するシーン ~
昼寝中のレッドを見て“ Red,my favorite Fraggle! ”だって!
“ Hello, Red Fraggle, ma’am. My name is Cotterpin Dooer and simply must talk to you. ” と自己紹介するけど、レッドは「ドーザーはフラグルと話さない」と寝ながら答えてます(ノ∇≦*)

 コッターピン “ I think you are the most terrific Fraggle in the whole world. ”
 「あなたはこの世で一番素晴らしいフラグルだと思う」

この言葉で飛び起きたレッド(っ*≧▽≦)つ
ドーザーが話しかけてることにびっくり。コッターピンはレッドのようになりたいっていうの。

 コッターピン “ Because you do all the things that Doozers don’t. You play and sing and even listen to the hums of Rumblebugs. That’s what I wanna do. ”
 レッド “ Well, I suppose I could teach you a thing or two dozen. ”
 「だってあなたがやることはドーザーがやらないことばかり。遊んで歌って、ランブル虫のハミングだって聞いちゃう。私もやりたい」
 「そりゃ、教えてあげることはできるけど、いくらでも」
a thing or two dozen みたいな言い方って前にもあったな。ワンダーマウンテンの回でレッドがモーキーに「1年後とか12年後とか」っていうやつ。ここでも(教えてあげることが)ひとつでもいいし2ダースでもいいしって言ってるんだよね。

「やった!じゃあいていいのね」「待ってよ。ええっ?」「大丈夫、私フードペレットが少しあればいいから」「フードペレットってなんなの?」なんて会話があった後、

 コッターピン “ Red, could we do something FRAGGLISH? Please! ”
 レッド “ Oh, how could you do something FRAGGLISH? You’re so DOOZERY. ”
 「レッド、なにかフラグルらしいことをやりましょ! お願い!」
 「フラグルらしいことをやるって? あなたはそんなにドーザーっぽいのに」

2012y10m24d_105350810.jpg

このシーンって、レッドの本来の人の良さが出てるシーンだと思う。
レッドはそれまでドーザーのことなんて全く気にしてなかったはずで、ドーザーと話すなんて馬鹿げてるって相手にしないのかと思ったら、そうじゃなく、ちゃんと話を聞いてるし、地面にいるコッターピンを優しく岩の上に置いているの。
(他の回でコッターピンと話をしているところをゴーボーに見られたくなくて隠すシーンもあるけど)
フラグルもドーザーもお互いコミュニケーションを取ろうなんて考えないし、この先も基本的にはお互い話もせずに暮らしてるんだけど、友達になったのはレッドとコッターピンだけなんだよね。(ゴーボーはコッターピンともレンチとも一緒に探検してるのに、それ以降友達としての描写はなし。でもレッドとコッターピンはシリーズが進むに従って明らかに仲良くなっている描写があるんだヨ)


で、口笛トンネル(the Whistling Tunnel)まで競争ってことになるんだけど、

 レッド “ I’ve never understood why Doozers build all the time. I’ve never even spoken to a Doozer until now. And all of a sudden, here you are, Here you are? Where are you? ”
 コッターピン “ I am running my legs off trying to keep up with you. ”
  all of a sudden…不意に, 急に
  keep up…人や勉強などに遅れないでついていく
 「どうしてドーザーはいっつも働いているのか全然理解できないし、ドーザーと話したことなんて一度もなかったのよ、今まで。急にあなたが来たんだもん。あなたがここに。どこ?」
 「あなたに遅れないように足をあげてるところよ」

ドーザーがフラグルと競争して追いつけるわけないってば(ノ∇≦*)
即座に事態を理解したレッド。

 レッド “ Listen, Let’s face facts. You’re 6 inches tall. You really can’t be a Fraggle. ”
 Let’s face は前にも書いたけれど、レッドがよく使うフレーズ。「事実を見よう」って意味。

でもコッターピンは「ヘルメットはいらない、フラグルと一緒に住む」って家を出てきたから、戻ったら自分が間違っていたと認めることになるんだと言っています。

 レッド “ Oh, you don’t wanna do that. I hate doing that. Ever! Well, let’s see what we can do for you. ”
 「それはイヤよね! 私だったら絶対イヤ!そうね、なにかできること考えましょ」

レッドはコッターピンの気持ちに寄り添ってます。


~ ランブル洞窟のシーン ~
フラグルらしいことやってみましょって言ってたらランブル虫の声が聞こえてきたよ~。
レッドはコッターピンを頭の上に乗せてランブル虫たちと歌います♪
この歌が素晴らしいんだけどそれはちょっと置いといて、ここで特筆すべきは歌い終わった後。レッドがコッターピンを地面に降ろしてしゃがむのね。そのしゃがむ仕草が全く違和感がないの!びっくり! 普段上半身演技が多いマペットの足の演技って違った魅力があるよね(ノ≧∀≦)ノ (ここ、注意してよーく見ると、一瞬だけレッドを操っているカレンさんの腕が見えます)


~ コッターピンとレッドの最後のシーン ~

 レッド “ The most Fragglish thing there is to do.We’re gonna take a swim! ” 「いちばんフラグルらしいことしましょ!水泳よ!」

大声で “ No!!” と叫ぶコッターピン。

 コッターピン “ A Doozer can’t swim! It’s impossible! ”
 レッド “ But swimming is the best thing there is in the world. ”
 コッターピン “ No, it isn’t. To a doozer it’s the awfulest, terreblest, most disgusting thing in the whole world! A Doozer would rather die!…Oh, Red, I’m really a Doozer. I’ll never be a Fraggle, will, I… ”
 「ドーザーは泳げないの! 無理よ!」
 「でもスイミングはこの世で一番のものよ」
 「違う。ドーザーにとってはこの世で一番恐ろしくて怖くて嫌なことなの! ドーザーは死んじゃう! …レッド、私、本当はドーザーなのね。フラグルにはなれないんだわ・・・」

そうかー、ドーザーって泳げないのか…。
自分がドーザーであることを自覚したコッターピンは帰るしかありません。レッドはいつでも私のところに訪ねてきてって言うんだけど、コッターピンは「ドーザーはフラグルを訪ねたりしない」って。

 レッド “ Isn’t there anything else you can do? ” 「他に何かできることはないの?」
 コッターピン “ I don’t think so. ” 「ないと思う」
 レッド “ Don’t give up till you’re sure. Okay? ” 「最後まで諦めないでね。いい?」

レッドってもしかすると子守りやらせたらイチバンかも。絶対いいお姉ちゃんだしいいお母さんになるだろうなあ。




~ アーキテクトとコッターピンのシーン ~
アーキテクトの許に戻ってきました。
「フラグルになると出て行ったんじゃないのか」とからかわれてますが、「いつでもヘルメットを受け取ることができる」と言われ、

 コッターピン “ No! I don’t know what I’m gonna to do, but I won’t take the helmet! Not ever! ”
 アーキテクト “ Well, we don’t get many of your kind. A Doozer like you comes along only about once every generation. ”
 「いやです!私どうしたいのかは分からないけど、ヘルメットだけはイヤ!絶対イヤ!」
 「おまえさんのようなものは多くはないが、各世代にひとりはいるんだよな」

「え、他にもいたの?」ってびっくりするコッターピン。
で、アーキテクトがこれまでのはねっかえりたちを教えているわけだけど、ドーザーの名前が出てきます。名前さえ分かればなんてことないけど、その名前がヘンテコだからクイズのような聞き取りになっちゃった(笑

 アーキテクト “ There was old man Pipe Wrench, back in the first days. And then there was Disc Drive, and Putty Knife, she was really contrary. And then, there was me! ”
 「まずはパイプ・レンチという男だ。それからディスク・ドライブとパティ・ナイフ。彼女は本当に正反対だった。そして、わたしだ!」

ドーザーの名前って日曜大工やモノづくりが好きな人ならすぐに分かるのかな?

「そういえば今までアーキテクトがヘルメットをしているところを見たことない」ってようやく気付いたコッターピン。
ドーザー全員がヘルメットを取る必要はなく、何人かは図版(drawing board)を取ると言っています。建築図版ですね。

 アーキテクト “ Cotterpin Doozer, how would you like to be an apprentice Architect? ”
 コッターピン “ You mean and draw instead of build? Oh, yes! ”
 「コッターピン・ドーザー、見習いアーキテクトになるのはどうだ?」
 「それは建てる代わりに描くってこと? イエスよ!」
architect は「建築家」の意味であり人の名前なので「見習い建築家」と「アーキテクトの弟子」の両方の意味をかけているんだと思うけど、次のコッターピンの台詞が“ Would I have to do everything you say? ”「あなたが言うこと全部やるってこと?」なので、弟子の意味が強いのかな。

最後の二人のシーンは微笑ましいです。

 アーキテクト “ The last architect liked circles. Took me years to get some nice squares. ”
 コッターピン “ Well, personally, I like hexagon. ”
 アーキテクト “ Oh, there will be no hexagons around here, young lady. ”
 コッターピン “ We’ll see. ”
 「前の建築家はcircles(丸・サークル)が好きだった。わたしが長年かけてsquare(四角・広場)にしたんだ」
 「私はhexagon(六角形・ヘキサゴン)が好き」 
 「ここらをhexagon(六角形・ヘキサゴン)にはならんぞ、若いの」
 「なるもーん」
 circlessquarehexagon と順番にダブルの意味をかけてるんだよね。


こうして次回からコッターピンはアーキテクトと一緒の帽子を被っているんですね~♪






― 今回の使えそうなフレーズ ―
親が子供にいいそうなフレーズです(ノ∇≦*)

仕事終わりのウィングナットの台詞から
  I have to make sure she’s studying. 「勉強してるか確かめなくっちゃ」


アーキテクトがコッターピンに言った台詞を2つ
 Where are you?! Come back here and study your lesson!
 「どこにいる? 戻ってきて勉強しなさい!」

 Enough of this silliness! Now, you get along home and study right now! And that’s final!
 「ふざけるのもいい加減にしろ! 家に帰って今すぐ勉強するんだ!これが最後だからな!」

 競争する際にレッドが言った台詞
 Ready! Set! Go! 「位置について、よーい、どん!」 
 お決まりのフレーズですね。
 
 戻ってヘルメットを受け取るしかないんだわ…と言うコッターピンにかけたレッドの台詞
 Isn’t there anything else you can do? 「他にできることはないの?」「なんとかなりませんか?」


― 博士と犬のシーン ―
冒頭で博士は「ダンカンから手紙が来た」って言っていますが、プロデューサーのDuncan Kenworthy さんのことらしいです。 Muppet Wiki参照

ハガキを取りに来たゴーボーの台詞
 “ That was easy for a change. ”
 for a change で「いつもと違って」「たまには」ってな意味。いつもと違い簡単にハガキが取れたってことね。

ここで博士はエアデール犬が表紙になっている雑誌を指して “ You always liked Airedales.” と言っているんですが、後々博士の家の隣にキャプテンズ・インができてそこの犬がエアデールなんだよねo(*⌒―⌒*)o
ただこの時は人生そのものに退屈してるスプロケット。博士は「そういう時は自分を変えてみろ」「本当は何になりたかったんだ?」と言っています。スプロケットは馬の写真を取出し「これ!」だって(ノ∇≦*)

 博士 “ You want to be a horse? I have a dog who wants to be a horse. Where have I failed? ”
 「馬になりたいのか? 私は馬になりたい犬を飼っているのか。どこで間違えたんだ?」

「お願い、お願い!」ってやってるスプロケット。

 博士 “I said I’d help and I will. But I don’t think I know how to saddle break a mongrel.”
  mongrel…雑種犬
 「手伝うとは言ったが、雑種犬につける鞍をどうすりゃいいんだ?」

スプロケットって雑種犬だったんですね。mongrel なんて単語、調べて初めて知りました。


中間部
博士は一番小さい鞍を見つけてスプロケットに取り付けています。大喜びのスプロケット。
“ Giddy up! ”は馬にかける掛け声。

 博士 “ That cellophane tape holds those horseshoes on just fine. ”
  「セロテープで蹄鉄をうまくくっつけてる」

だって(ノ∇≦*) 


後半部
食事時間。ごはんは干し草(A nice bale of hay) だって馬だもん!
それを見たスプロケットは犬に戻ることになったとさ(っ*≧▽≦)つ

んで最後に言う博士の台詞がこれ↓

 博士 “ I’ve always thought you made an excellent dog. Besides I’ve been worrying all day that the health inspector would show up. It’s illegal to keep horses in the house. ”
  the health inspector…検疫審査官  
 「わたしはいつも君は素晴らしい犬になれると思ってきた。加えて今日はずっと検疫審査官が現れないかと心配してたよ。家の中で馬を飼うのは違法だからね」

あははは(ノ∇≦*)



 ― 今回の使えそうなフレーズ ―

 退屈しているスプロケットに言った博士の台詞
 If you’re not happy with your life, you should try and change it.
  「人生がハッピーじゃないのなら変えてみろ」






スポンサーサイト
  • 2012.11.06 13:34 
  • Comment : (0) |
  • Trackback : (0) |
  • URL |

comment

trackback

この記事のトラックバックURL

http://cavyfraggle.blog.fc2.com/tb.php/148-0da10280

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。