> スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • --.--.-- --:-- 
  • Comment(-) |
  • Trackback(-) |
  • URL |

> フラグルロックで英語勉強

18話『The Minstrels』 

9月24日はジム・ヘンソンの誕生日。

フラグルロックの中でマペットの生みの親ジム・ヘンソン氏自身が演じているキャラクターは2人。
ひとりは偉大なジョン(Convincing John)、もうひとりは音楽士カンタス(Cantus the Minstrel)です。

偉大なジョンは派手な衣装を身にまとったsillyなキャラクターですが、カンタスはミステリアスで哲学的。
どちらもジム・ヘンソン氏を表したキャラクターだと言われていますが、カンタスはジム・ヘンソンさんとずっと一緒に仕事していた脚本家のジュリー・ジュールさん(Jerry Juhl)が“Jim was Cantus and Cantus was Jim.” 「ジムはカンタスだ。カンタスはジムだ」とインタビューに答えていることからも、特別なキャラクターに違いありません。

偉大なジョンの初登場の回は以前やりましたので、今回はこちらのカンタスの初登場の回をやります。


第1シーズン18話 『The Minstrels

タイトルにもなっている minstrel(ミンストレル)とは諸国を遍歴して詩や歌を吟じた吟遊詩人のこと。

 レッド“ Hi.This friend of mine is having a problem.She can’t find to her song.Isn’t that silly? Got any advice? ”
 カンタス “She must look inside. ”
 レッド “Inside what? ”
 カンタス “Inside the outside.And she must listen. ”
 レッド “To what? ”
 カンタス “To her song. ”
 レッド “But…Who is this guy?! ”
 レッド「ハイ。私の友達が困ってるの。自分の歌が見つけられないんだって。おかしいでしょ? なにかアドバイスない?」
 カンタス「内側を見るのだ」
 レッド「何の内側?」
 カンタス「外側の内側。そして聞くのだ」
 レッド「何を聞くの?」
 カンタス「自分の歌を」
 レッド「なっ…なんなのこの人?!」

あはははは(ノ≧∀≦)ノ


では、18話 『The Minstrels』(コンプリートDVDシーズン1の3枚目)のリスニングその2
前回は博士のシーンと冒険マットのシーンをやったので、今回はフラグルのシーンです。
この回は英文的なものより、カンタスの受け答えの妙にあるので、それを中心に書いてみます。


公式動画からカンタス初登場のシーン♪
動画部分がちょうどフラグルシーンの冒頭部です。

『"The Minstrels" 』


ウェンブリーもゴーボーもモーキーもパイプの音に起き出して不思議がっているのに、レッドひとりだけプールに飛び込んでるのがおかしいです(ノ∇≦*)

 レッド “ I’m gonna be first today…I did it! I was the first one in the pool today!... Hey! What’s everybody doing so early? ”
 「今日最初は・・・、やった! 今日最初にプールに飛び込んだのは私よ! ねえ、みんな、こんな朝早くになにやってんの?」

動画部分は“ Who are you? ”と聞かれて「私はカンタス。我々は音楽士だ」 と言ったところで終わっていますが、その後こういう説明が続きます。

“ We wander this boundless rock of ours, finding fraggles in distant caves. ”
 「我々は遠い洞窟にいるフラグルを探しながらこの果てしないロックを旅している」
 wander…歩き回る、さまよう、放浪する
 boundless…果てしない
 distant…遠い
ここ、wanderという単語を知らなくて wonderだと思ったんですが、よーく注意して聞くとwanderなんですね。
んー、こういう似たような発音の単語って難しいなあ。


この後、メドレーの一番手に名乗り出たレッドがカンタスに「ルールは?」と尋ねます。

 カンタス“ There are no rules and those are the rules. ”
  「ルールはない。それがルールだ」

カンタスはゆったり喋るので聞き取りやすいし、英文的にも簡単。でも言っていることはミステリアスなの(ノ∇≦*)
彼の台詞は無理に訳さないほうが伝わるような気がするので、そのまま書きます。

 レッド “ I know lot of songs! You name it. I’ll sing it. ”
 カンタス“ No,no,no.You must sing your song. ”
 レッド“ My song? No problem.How does it go? ”
 カンタス “ If you don’t know,I can’t tell you. ”

 You name it...「挙げてみて」「言ってみて」

レッドが(何よその答え)みたいな顔してます(ノ∇≦*) 


 カンタス “ My pipe is a magic pipe.A mysterious and invisible…a mysterious and invisible... ”
 レッド “ A mysterious and invisible what? ”
 カンタス “ I don’t know.It was so mysterious and invisible. ”

はいはい(笑


 カンタス “ But, you’ve heard enough.Now it’s time for you to listen. ”

いやー、これなんかそのまんま訳したら「しかしあなたは充分聞いた、今は聞く時だ」になっちゃう(笑
もう充分訊いたから今度は聴けってことだけど、この listen がカンタスを代表するキーワード。なんだかいつもlistenと言ってる気がするほど(ノ∇≦*)

フラグルはそれぞれ自分の歌を見つけて明日の朝メドレーをすることに。メドレーのリーダーは勿論レッドです。


そうそう、カンタスたち音楽士は5人。みんな名前があるんですよ~
2012y09m19d_120116112.jpg
(彼らはまた出てくるし、フラグルロック以外のマペットの作品にもエキストラでいたりします♪ フラグルとはちょっと様相が違ってるんだよね)


次はフラグルたちが自分の歌探しに出かけた後のカンタス一行のやりとり

 マレー “ Hey,boss,you sure know how to pick your medley leaders. ”
 カンタス“ I don’t pick them.They pick themselves. ”
 マレー “ Yeah.But this one,we could be here for days! ”
 カンタス “ She’ll find her song,in time. ”
 マレー “ On time for tomorrow’s medley? ”
 カンタス “ She has a long way to go,though the journey is short.The medley will not start without her. ”
 立ち去るカンタス
 マレー (仲間に向かって)“ Did he anser my question? ”
  (ひとりは首を縦に、もうひとりは横に振る)
 マレー “ That’s what I thought. ”

 「ボス、メドレーリーダーの選び方を知ってるんですかい?」
 「私は選ばない。彼らが自分で選ぶのだ」
 「そうですけど、今回はここに数日いるんでしょ?」
 「彼女は自分の歌を見つけるであろう。時間内にな」
 「明日のメドレーは時間通りですか?」
 「彼女にとって先はまだまだ長いであろう。しかし旅は短い。メドレーは彼女抜きには始まらない」
 「おれの質問の答え言ってた? (うん&いいえ) そうだと思った 」

 in time…「時間内に」 on time…「定刻に」「時間通りに」
 has a long way to go…「やるべきことがたくさんある」「まだまだ先は長い」ってな意味

 カンタスの言うthe journeyが何を指すのか謎ですね。


だば、 『The Minstrels』 残りのリスニングを
その前に日本語でストーリー紹介です。


フラグルロックにカンタスが来た。カンタスはみんなでメドレーをするよう提案。
リーダーになったレッドだけど、どうやって「自分の歌」を探せばいいのか分からない。
カンタスの持っている魔法のパイプからは自分の歌を見つけたウェンブリーやゴーボーの音楽が流れる。
「そうか、私の歌もそのパイプの中ね!」そう思ったレッドは、モーキーに嫌々手伝ってもらって夜中こっそりパイプを持ち出しちゃった。
でも魔法のパイプからは自分の歌は流れず、ゴーグの庭まで引っ張られ危険な目に。パイプはやっと手から離れたけれど、レッドの手には不思議なマークが!

翌朝、パイプがなくなったのでメドレーは始められないというカンタス。
パイプを取ったのは悪意じゃなくただの誤解だとしたらどうなるのとモーキーは尋ねるけど、カンタスは「誰にでもありうることではない。誤解ではない」ときっぱり。
モーキーはレッドをかばって「私がやったようなものです」って。でもレッドは自分がやったと手を見せる。
レッドとカンタスはパイプを拾いにゴーグの庭へ。レッドは捕まりそうになるけどパイプからはゴーグの音楽が流れゴーグ王子は踊りだす。
無事パイプを手に入れ広間に戻ったふたり。
さあレッド君の歌を歌う時だ。「できない、私の歌はパイプが知ってるんだもん」「きみの歌はきみの中にある、きみがいなけりゃパイプも鳴らない。聴くのだ!」
静かに頭の中に耳を傾けるレッド。
歌えるかい? もちろん!
こうして、レッド、モーキー、ゴーボー、ウェンブリー、ブーバーまで、それぞれ順番に自分の歌でメドレーを奏でたのでした。



 “ All right,so everybody get out there and find your songs! ”
  「ようし、みんな、ここを出て自分の歌を見つけよう!」

自分の歌を探すことになったフラグルたち。
それぞれの反応がおもしろいです。

 ブーバー “ I don’t know if I can do this.If you want me,I will just be in my hole. ”
  「できるかどうか分からないよ。もしきみがぼくを必要なら、自分の穴に入っちゃおう」
 ブーバーったらこのあと最後のほうまで姿を見せません(ノ∇≦*)

 ゴーボー “ I found my song! You want to hear it? ” 「自分の歌を見つけた!聞きたい?」
 レッド “ Where’d you find it? ” 「どこで見つけたの?」
 ゴーボー “ No place special.I just stopped and listened. ” 「特にどこってないさ。ただ止まって聞いたんだ」

 ウェンブリー “ My song is the one I hear in my head before I go to sleep.It goes like… ”
「ぼくの歌はね、眠る前に頭の中で聞こえたんだよ。こういうの…」

 モーキー “ Isn’t the medley a wonderful idea? I got to tell you though I’m having a very hard time. ”
 レッド “ You are? Well,don’t worry about it,Mokey. So am I. ”
 モーキー“ It’s very hard choosing the right song when you’ve found four. ”
 レッド “ …Absulutely! Wait till you get to five! Well,I think I better be going. ”
  「いいアイデアはないかしら? とっても難しいわ」
  「そうなの? 心配いらないわよ、モーキー。私もそうだから」
  「正しい歌を選ぶのって大変よね、4つ見つけちゃうと」
  「…そうよね! 5つ見つかるまで待ってみたら? ちょっとわたし行かなきゃ」
モーキーも自分と同じで全く手がかりがないのだと思ったら4つも見つけたって(ノ∇≦*)


 カンタス “ Everywhere my magic pipe and I go,we play a fraggle medley. Each one ‘s defferent,each one’s the same. ”
  「魔法のパイプと私が行くところはどこでも、フラグルメドレーを奏でるのだ。みんな違って、みんな同じだ」

カンタスのパイプってドーザーの歌も鳴るし、ウェンブリーやゴーボーの歌も鳴る魔法のパイプなの。

 レッド “ Oh,my turn! Can I play it,please?! ”
 カンタス “ No,you may not! A song must never be played to be heard. ”
 レッド “ But everybody’s song is in that pipe. ”
 カンタス “ That’s where you’re right,and that’s where you’re wrong. ”

も~、こんなんばっか。

で、
  レッド「モーキー話があるの」
  モーキー「レッド、今夜は眠れそうにないわ。メドレーはステキでしょうね」
  レッド「そうね、でももしわたしが歌わなかったらそうならないわ。でしょ?」
  モーキー「そうだけど…」
  レッド「私が歌がなかったら歌えない。でしょ?」
  モーキー「そうね、でも…」
  レッド「モーキーなら分かってくれると思ってた。私の歌はマジックパイプの中よ。だから明日のメドレーのために借りてこなくちゃならない。でしょ?」
  モーキー「そうねぇ…違うわ!」

モーキーはそれは盗みだって言うけど、レッドは借りるだけだっていうの。で、夜中みんなが寝ている広間まで来て言った台詞がこれ。

レッド “ Shh! The coast is clear. Stay here and keep watch. ”
  「シーッ!人目はないわね。ここにいて見張ってて」
 この The coast is clear. これね、 「邪魔者はなし」「人目はない」「危険はない」っていう意味の慣用句なんだって。

パイプを手に入れたレッド。モーキーは何度もそれは盗みだと言ってます。

 レッド “ For the last time,Mokey,I borrowed it.Now,if you keep watch,we can get this over with. ”
 モーキー “ I’m only doing this because you’re my best friend.I still think it’s wrong! ”
  「これが最後よ、モーキー、『借りた』の。さてあなたが見張っててくれたら、さっさと済ませられるんだけど」
  「いーい?あなたの親友だからやるけど、間違ってると私は思ってるんだからね」
 get over with…いやな仕事などを片づけるという意味。
  (これ、前にも書きました。6話でドーザーのビルを食べないという誓いの際にゴーボーが Let’s get it over with.「さっさとやっちゃおう」って言うの)


マジックパイプはレッドの手から離れずゴーグの庭まで引っ張っていきます。ゴーグに見つかるけどパイプに引っ張られてるので逃げらないの。その時 広間にいるカンタスがひとこと “ Be still,pipe. ” だって(ノ≧∀≦)ノパイプとカンタスはつながってるってわけね。
レッドの手からパイプは離れたけれど、手には不思議な模様が光ってて、朝になって時間になっても消えません。
ゴーボーが呼びに来て「できない」と答えるレッド。なんでと聞かれて返したレッドの台詞

 “ Laryngitis. ”

 laryngitis…喉頭炎。これまた難しい単語だあ!

しょうがなくモーキーのポケットに手を隠しながら広間へ行くレッドだけど、パイプを借りたのは自分だと打ち明け、ゴーグの庭に落としたパイプを拾いに行きました。


カンタスとレッドの最後のやり取りです。

 カンタス “ Now,Red Fraggle,you will sing for us your song. ”
 レッド “ But I don’t have my song.It’s in the pipe. ”
 カンタス “ Your song is inside you! Without you,the pipe would be silent. Now sing. ”
 レッド “ But I don’t have a song! ”
 カンタス “ I fear I’m losing my implacable calm. ”
 レッド “ I’ve never had a song. ”
 カンタス “ You’ve always had a song! All fraggles have songs. Now just listen! ”

簡単なので訳は省くけど、ひとつだけ、“ I fear I’m losing my implacable calm. ”  の部分。
  implacable…なだめられない、和解しにくい、執念深い、怒りを静められない
これ訳しにくいなあ。ん~、「執念深い落ち着きを失いそうだ」ってカンジかな。カンタスって普段は冷静沈着でゆったりしているんだけど、レッドのあまりの分からなさにキレそうになってる自分を抑えてる台詞かと。
でもレッドが「私は歌なんて一度も持ったことないもん」 なんてことを言っちゃうもんだから、とうとう「きみにはいつも歌がある! フラグルはみんな歌があるんだ」 ってキレて言ってるの(ノ≧∀≦)ノ
レッドに歌がないなんてあるわけないよね!レッドはいつも歌で溢れてるもの。歌は自分自身の中。
“ Now just listen! ”

レッド “ Wait a minute! I heard something.Look at my hand! ”

レッドの手から不思議なマークが消え、自分の歌を歌い始め、順番にメドレーしていきます。ブーバーもちゃっかり途中から歌っています♪ こういうの、フラグルらしくて大好きです(ノ≧∀≦)ノ




― 博士と犬のシーン ―

この回、博士のシーンがうまく聞き取れません。いきなりのっけから躓きました。まずはこれ。

 “ I’m sorry,Sprocket,if you wake up,but I’d to get an early start on this doorbell. ”
 get an early start…「早めに取りかかる」

書けば簡単な英文なのに!
どこが聞き取れなかったかと言うと、“ I’d to get an early ” の部分。I’d toはささっと発音されちゃうし、an earlyが nearlyに聞こえちゃうの。


で続く博士の台詞、

 “ Oh,a dog food can! They always have the best resonance.Don’t you agree? ”
 resonance…「共鳴」「反響」  難しい単語だなあ。


んでもって3つ目の博士の台詞、

 “ I can’t stand the racket people make when they knock on doors.Can you,Sprocket? ”
 racket…「騒音」
 racket people…「騒々しい人々」

んー!!racketってテニスのラケットのような所謂ラケットしか知らなかったから、何peopleなのか考え込んじゃった。

次がこれ

 “ People should announce their presence with dignity and style. ”
 with dignity…「威厳をこめて」「厳然として」

とまあ、ここまでが出だし30秒ほどのシーン。
いやあ、resonanceで「なに?」となってracketで「え?」となったうえ、「dignityって何だったっけ?」と、情けなくもこの回が始まってたった30秒で挫折しかけたじゃないの~。

ここまでを意訳しておきます。

 「ごめんスプロケット、起こしたか?だがわたしはこのドアベルに早く取りかかりたくてな。ドッグフードの缶か。こりゃ最高の反響材だ。そう思うだろ?私はドアをノックするときに騒々しい人々には我慢できんのだ。我慢できるか、スプロケット? 人は自分が来たことを威厳と品格を持って伝えるべきなんだ」

前半部はここまで分かれば後は割と楽だけど、「もっとベース(bass)がいるな。ソースパン(saucepan)はどこだ」のソースパンが聞き取りにくかったです。


この回、博士の行動が派手なので、リスニングに反して見てるだけでも内容は分かるんだよね。やっていることが分かりやすいせいなのか、きちんと聞き取れなくてもなんとなく判ったような気になっちゃう。んー、それも良し悪しだよなあ。最初に聞き流した際は、こんなに苦労するなんて思わなかったもん。

今回の博士のシーンは難しい単語が多くて、難儀したので、書いておきます。

 “ Too dissonant.No.Sounds like a mistalke.No,I can’t hear the overtones. ”
 「ひどい不協和音だ。なにか間違えたな。上の音が聞こえん」
 dissonant…「不協和の」「不調和な」
 overtones…「上音」「倍音」


博士は、部屋中に鍋の蓋だのスパナだのの食器や工具等の金物を吊るしています。誰かが来たらこれが鳴る仕掛けですが、部屋にいても金物に触れただけで鳴り出します(ノ∇≦*)

 “ Oh,I’ve turned this drab old workshop into a symphony orchestra! ”
  「このおもしろみのない古い部屋を交響楽団に変えたぞ!」
 drab…「とび色の」「単調な」「おもしろみのない」
 ん~っと、drab? なんだか分からなかった箇所です。


この回の博士のシーン、英文的には簡単なのに単語を知らなくて何度も聞き直す羽目になり、「分からーん!」ってなりました。

しかし、フラグルロックの中で一番聞き取りに苦労するのは、冒険マットのシーン。
博士のシーンもフラグルのシーンも、分からないところがあっても映像から推測できたりするんだけど、マットのシーンは映像と言っていることがちぐはぐで想像もできないような単語使うんだもん!! おかしな生き物である人間の常識はマットには通用しないし(笑

で。
この回は、なあんと、

博士がマットおじさんのハガキを読むんです!

博士の親友のネッドが間違って郵便に入っていたといって届けに来るの。いつもなら読まずに即捨てていますが、この回は博士が“ Dear Nephew Gobo ”と読み始めます。
部屋中に吊るされたドアベル金物のせいで動けずじっとしているスプロケットとマットのはがきの内容がリンクしています。はがきの内容はウィンドーに飾られたマネキンの説明。

 “ Today I stumbled upon a new form of the ancient art of meditation. I discovered certain highly trained individuals. Standing behind a sheet of hard transparent material.Their method is simple.They never move a muscle.This works.I was anxious to give this interesting techenique a try.”
 stumble upon…「発見する」「ひょっこり気づく」「偶然出合う」
 meditation…「黙想」「瞑想」
 transparent…「透明な」

 「今日わしは偶然、黙想した古代芸術に出会った。ひとりひとりよーく訓練されているのが分かった。硬くて透明な板の後ろに立っておる。その方法は単純だ。決して筋肉を動かさないこと。わしもこの興味深い技ができるだろうか」

いやーもー “ the ancient art of meditation” だとか “ highly trained individuals” だとか一体何を言っているのか分からなくなるようなことを言うので、聞き取りに苦労するわけよー。

 “ Six hours later,I felt a marvelous sense of exhilaration.I’ve never experienced anything quite so inspiring. ”
 「6時間後、わしはとてつもなく浮き浮きした気分になった。こんなに感動的な経験は初めてだ」

ここで突っ込むべきは「6時間もじっとしてたのかー」ってことじゃなく、exhilaration という単語。
 exhilaration…「浮き浮きした気分」「気分を浮き立たせること」

exhilarationなんて単語、知ってた? こういう難しい単語が出てくるからマットのシーンって侮れないの!
(マットおじさんのシーンって、この回に限らず意外と聞き取れないことも多いです。知らない単語が毎回ひとつふたつは出てきて難しいです~!)
えっと、せっかくだし、ツッコミも入れておこう。マネキンのごとく動かずにじっとしてることなんて、そーらアナタなら簡単でしょうよ、人の手が入ってなきゃ(ノ∇≦*)


博士  “ You ought to try it sometime.Love,your uncle Traveling Matt..? This has got to be some kind of sick joke! Well,back to the doorbell. ”
 「おまえさんもいつかやってみるように。愛を込めて。トラベリング・マットより…? こりゃ悪趣味なジョークかなにかだな! よし、ドアベルに戻ろう」

あはは(ノ≧∀≦)ノ


後半部では、ぶらさがっていた金具もきれいに片付いていて、博士は普通にノックの音を確かめています。

 “ Well、I know,it’s not as nice as our doorbell,but it doesn’t take up any room. ”
 「ドアベルよりは落ちるが、部屋は占領しないからな」
だって(ノ∇≦*)



 ― 今回出てきた知らなかった単語のまとめ ―

  resonance…共鳴、反響
  racket…騒音
  with dignity…威厳をこめて、厳然として
  dissonant…不協和の、不調和な
  overtones…上音、 倍音
  drab…とび色の、単調な、おもしろみのない
  meditation…瞑想、黙想
  transparent…透明な
  exhilaration…浮き浮きした気分、気分を浮き立たせること





 ― 今回の使えそうなフレーズ ―

何を歌えばいいのかと尋ねるレッドの台詞から
 You name it. 「挙げてみて」「言ってみて」

レッドのことを言ったカンタスの台詞から
 She has a long way to go.  「彼女にはまだまだやるべきことがある」


こっそりマジックパイプを持ち出そうとするレッドの台詞から
 The coast is clear.  「邪魔者はなし」「人目はない」「危険はない」
  (これを言わなきゃならないような危ない状況はそうないと思いますが(笑)




最後に。カンタスは別の回ではこんなことを言っていました。

Listening is the first step and the last step.

そうかー!! リスニングがんばろうっと(笑



スポンサーサイト
  • 2012.09.22 12:26 
  • Comment : (0) |
  • Trackback : (0) |
  • URL |

comment

trackback

この記事のトラックバックURL

http://cavyfraggle.blog.fc2.com/tb.php/127-5aa188f9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。