> スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • --.--.-- --:-- 
  • Comment(-) |
  • Trackback(-) |
  • URL |

> フラグルロックで英語勉強

4話『You Can't Do That Without a Hat/帽子がなけりゃ』劇中歌の日本版比較とリスニング 

こちらの動画は1話と3話と4話の予告をまとめたものです。
最後がこの回の予告です。
Fraggle Rock HBO Promos.




ストーリー紹介

「ハガキを取る間、獣(犬)がぼくを見たら口笛吹いてね」とゴーボーに言われたブーバーだけど、怖くてできず、ゴーボーを危険な目に合わせてしまう。ゴミーさまのお告げは「勇敢になるにはいつも帽子を被っていなさい」というもの。ところが帽子をなくしてしまい、洞穴に引き籠ることに。ブーバーの帽子を探し始めるみんな。ブーバーはもう一度ゴミーさまのところへ行こうとし、ゴーグ王子の姿を発見。隠れていると、そこへ帽子を追ってゴーボーがやってきた。ゴーグ王子からゴーボーを守ったブーバー。帽子なしでも勇敢になれたと喜ぶブーバーなのでした。



~ 冒頭の博士の部屋付近でのゴーボーとブーバー ~
ハガキ取りについてきたブーバー。ゴーボーはスプロケットに見つかって追いかけられます。穴から見ていたブーバーは怖くて約束の口笛が吹けずじまい。
博士が落とした 樽シェーバー(stave shaver) を手にかろうじて戻ったゴーボーは、もう少しで捕まって殺されるところだったと言います。

 ゴーボー “ Clobbered by that beast! You bet! Oh, it was frightening I can tell You. But I struggled through. ”
  「獣に張り倒されるとこだったんだよ!そうさ!マジ怖かったんだから。でも切り抜けたけどね」
  ■ clobber 大打撃、殴り倒す、容赦なく幾度も打つ
  ■ You bet! 「もちろん!」「そのとおり!」
  ■ I can tell you 「確かに」「 ほんとに」「 まったく」
  ■ struggle through 切り抜ける




  • 2013.11.14 18:49 
  • Comment : (0) |
  • Trackback : (0) |
  • URL |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。