> スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • --.--.-- --:-- 
  • Comment(-) |
  • Trackback(-) |
  • URL |

> フラグルロックで英語勉強

25話『Wembley’s Egg/ママになったウェンブリー』 

フラグルロックのリスニング、今回は『 Wembley’s Egg 』を選びました。
Henson Company 公式動画をどうぞ~♪

Fraggle Rock "Wembley's Egg"


約4分あります。後半は歌ですが、その前に2分30秒ほどフラグルたちのやりとりがあります。
動画のシーンは鳥の卵がフラグルのプールに落ちてきた後のシーンなのですが、これが何か分からないから誰も触るなってゴーボーが言うと、ウェンブリーが木の生き物(tree creature)に属するもので、大きいのが長い間その上に座ってると小さいのが出てくる、つまり赤ちゃんのおうちだ、って言っています。
ウェンブリーの言っていることは正しいのですが、誰も「卵」を知らないから大笑いされるというシーン。

このシーンから分かること
 ・フラグルは「卵」を知らない
 ・よってフラグルは卵からは生まれないのであろうと推測される
 ・鳥のことをウェンブリーはTree Creature (木の生物) と言っている


 ウェンブリー “ It’s a house for babies. ”
 ブーバー “ It doesn’t even have any windows. ”
 レッド “ And it doesn’t have any doors, either. If it’s in there, how would it get out? ”
 ゴーボー “ Yeah! And how would it breathe? ”
 ブーバー “ Where would it get its lunch? ”
 ウェンブリー “ I don’t know! All I know is that there’s a baby in there! ”
  「赤ちゃんのおうちだ」
  「どこにも窓がないじゃないか」
  「それにドアもないわ。どうやって外に出るのよ?」
  「そうさ。それにどうやって息をするんだよ?」
  「どこから昼食をとるのかな?」
  「知らないよ! ぼくが知ってるのはその中に赤ちゃんがいるってことさ!」

ストーリーは単純。
鳥の卵が落ちてきて、ウェンブリーがヒナの世話をし、最後に親鳥の許に返す話。

この回は全体的に比較的聞き取りやすいです。そうは言っても、聞き取れずに聞き直した個所は勿論いくつもあって、動画部分でもレッドの台詞がうまく聞き取れませんでした。

 レッド “ Well, whatever it is, let’s get it out of there. I’ve got a swimming class to run, remember? ”
  「それがなんであれ、ここから出しましょう。スイミング教室を続けなきゃだもん」

聞き取りづらかったのは to run の部分。簡単なのになあ。

あと、みんなが大笑いしてるシーンのゴーボーとレッドの台詞。ここも簡単なことしか言っていないのに「?」になって聞き直した部分です。

 ゴーボー “ We’re his friends, we should stick up for him. ”
 レッド “Yeah, we are,we should. Except you have to admit, he does look pretty funny!”
 ゴーボー “ He sure does!! ”
  stick up for…支持する, 弁護する

分かればどこが聞き取りにくかったのかと思うけれど、ここねー、笑いながらの台詞なのと、him って「イム」に省略発音されちゃうせいだと思うんだよね。
  「ぼくたちは彼の友達だから、彼の味方になってあげなくちゃいけないんだろうけど」
  「そう、そうしなきゃ。それはそうとして、どう見たっておっかしいわよ!」
  「ホントホント!」
ってなかんじかな。


笑われたって気にしないもん、眠くなってきた、お休み~って子守唄を歌うウェンブリーがかわいいなあ♪

 ウェンブリー “ Tree creature! Get some sleep in there. You’ll need all your strength when you come out. ”
  「ツリー クリーチャー! 中でお休み。出てくるときに体力がいるからね」


この回のタイトルはWembley's Egg だけど、フラグルは誰も卵を知らないので egg という単語が出てきません。(ゴーグ王子は“ I’ll get that egg for Daddy’s dinner! ” 「あの卵を 父上の夕食にしよう!」なんて言って井戸(well)に落っことしてしまい、鳥に襲われてますが)


個人的にはこの動画より前の部分、卵が落ちてくる前のウェンブリーとブーバーのシーンが傑作だと思うので、その部分のリスニングもあわせて書いておきます。


  • 2012.11.26 16:19 
  • Comment : (0) |
  • Trackback : (0) |
  • URL |

> フラグルロックで英語勉強

32話『あそぶの大好き(原題 All Work and All Play)』 

フラグルロックのリスニング、今回はドーザーの話を選びました。
32話『All Work and All Play』(コンプリートDVDシーズン2の2枚目に入っています)
日本版では「あそぶの大好き」というタイトルだったと思います。
この話はドーザーの話の中で一番有名な話だと思います。フラグルになりたいドーザーのお話。
フラグルロックでドーザーが初めて主役になった回です。主役はコッターピン・ドーザー。

こちらの動画は以前にも紹介しましたが、この回の劇中歌です。


ドーザーには「ヘルメット戴冠式」があり、ヘルメットをもらうことで一人前のドーザーとして建築の仕事をできるようになります。ドーザーにとってそれが一番素敵なこと。ところが「建築なんかしたくない、ヘルメットなんか欲しくない」というドーザーが出てきます。それがコッターピン。コッターピンはフラグルになりたくてレッドのところへ行くんだけど、自分がドーザーであることを認識する結果になるというのが今回の『All Work and All Play』のストーリーです。


この回のトリビア
・モーキーとブーバーは出てこない
・ゴミーさまとゴーグも出てこない
・ドーザーの食料はfood pellets(フード・ペレット)
・フラグルロックのコミックにもこの話がある。また絵本にもこの話が元になっているものがある
・コッターピンの歌『The Way I've Got to Go 』は10話『Don't Cry Over Spilt Milk』の中でモーキーが歌う『Kick a Stone』のアレンジバージョン。モーキーとコッターピンは同じ人Kathrynさんが演じていますが、この2つの曲は全く違う歌い方をしているんだヨ。
・レッドの歌『Rumble Bug Hum
 これ、いつだったかのイベントでレッドが会場の人と一緒に歌っていました。(実際はレッドじゃないと歌えないような早口の歌で、イベントではゆっくり始めて最後にはノーマルテンポにもっていって会場の人が歌えなくて笑い出すというもの)


フラグル用語
 Rumblebugs…ランブル虫。ランブルはフラグルロックに住む昆虫の一種でよく鳴く
 Rumble-hums…ランブルのハミング
 the cave of the Rumblebugs…ランブル虫のいる洞窟
 Whistling Tunnel…口笛トンネル
 Wingnut…ウィングナット。コッターピンのママの名前
 Flunge…フランジ。コッターピンのパパの名前
 Granny Cantilever…グラニー・カンチレバー。コッターピンのおばあちゃんの名前


ではではリスニングです。



  • 2012.11.06 13:34 
  • Comment : (0) |
  • Trackback : (0) |
  • URL |

> フラグルロック

フラグルロックに出てくるドーザーのキャラクター紹介 

フラグルロックにはドーザーの話がいくつかあります。
第1シーズンはフラグル側からしか描かれなかったドーザーたちですが、第2シーズンにはついにドーザーが主役の話が登場。ドーザー側から見たフラグルや、ドーザーの生活の様子が分かるようになります。

今回はドーザーの中の主要キャラを紹介。
ドーザーはみんな同じに見えてしまいがちだし、名前まで覚えてない人が多いと思うので、ここでまとめておきます。
よく出てくるのは、フラグルと同じく、5人だと覚えておいてね。(中の人がモーキー、ブーバー、ゴーボー、レッド、ウェンブリーです)

ドーザーの見た目の主な違いは髪の色と鼻の色です。


コッターピン(Cotterpin)
2012y10m30d_163731124.jpg
コッターピンはいわばドーザーの中の主役。
はねっかえりの女の子で、ヘルメットじゃなく帽子を被り、赤毛をしているのが特徴。
32話でレッドと仲良くなり、その後も何度かレッドと行動を共にし、ファイナルシーズンではコッターピンの仕事をレッドが手伝ったりなんて場面もありますo(*⌒―⌒*)o
その他、デュエット大会でウェンブリーと一緒に歌ったり、ゴーボーと探検したり、ヘンな生き物に襲われてブーバーに助けを求めたりしています。
演じているのはモーキー役のKathryn Mullen さん。


レンチ(Wrench)
2012y10m30d_163606573.jpg
コッターピンの親友の男の子。髪の毛が茶色。コッターピンが直毛なのに対してレンチはフワフワ。
レンチが主役の回もあるし、ゴーボーとスプロケットと3人で洞窟探検したのも彼です。
演じているのはブーバー役のDave Goelz さん。



アーキテクト(Architect)
2012y10m24d_104314912.jpg
コッターピンの師匠。見た目の特徴は白髪と白ヒゲ。黄色の鼻をしていて、コッターピンと同じ帽子を被っています。
仕事は建築の設計。
コッターピンは彼の見習いなので、一緒に仕事していることが多いです。
演じているのはゴーボー役のJerry Nelson さん。



ウィングナット(Wingnut)
2012y10m24d_103950367.jpg
ウィングナットの一番の特徴は青いカール髪。
ヘルメットを被って作業していることも多いですが、青い髪と黄色い鼻をしてたら彼女です。
実はコッターピンのママ。
演じているのはレッド役のKaren Prell さん。



フランジ(Flange)
2012y10m24d_104138833.jpg
茶色の髪、茶色のヒゲ、赤茶色の鼻が特徴。
フランジは赤いヘルメット被っていることが多く、画面に映るドーザーを注意して見ると彼がいることが多いです。
ファーストシーズンでドーザーを連れてゴーグのところへ行けとゴミーさまに言われてモーキーが連れて行ったのも彼。
コッターピンのパパです。
演じているのはウェンブリー役のSteve Whitmire さん。


コッターピン家族
2012y10m24d_104206963.jpg
ドーザーは家族単位で暮らしていますが、この3人の家族描写はそんなに多くありません。むしろ、フランジもウィングナットもそれぞれ個別に働いているシーンが多く、ちょっとしたシーンによく映っていて、コッターピンのパパやママであることを忘れてしまうくらいです。


その他にもレンチのママでアフロヘアのモデム(Modem)や、友達や作業員等、それぞれ建築や工具関連の名前がつけられたドーザーたちがいるのですが、一度しか名前が出てこなかったりするので覚えるのは大変です。









  • 2012.11.01 10:20 
  • Comment : (0) |
  • Trackback : (0) |
  • URL |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。