> スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • --.--.-- --:-- 
  • Comment(-) |
  • Trackback(-) |
  • URL |

> フラグルロックで英語勉強

61話『イタズラはやめよう(原題 Scared Silly)』 

フラグルロックリスニング問題

 下の1分22秒の動画を見て、次の2つの問いに答えなさい。
  1 ウェンブリーはなんと歌っているのでしょうか?
  2 ブーバーがウェンブリーを驚かせた理由は?



これ、61話(シーズン3)『Scared Silly』のフラグルの冒頭シーンです。

この話ねー、傑作だし面白いんだけど、リスニングの方は難しいです!なぜって、ウェンブリーがパニックになったり怒ったり、とにかくずーっとテンション高いんだもの。でもとにかくやってみます。

ってわけで、今週のリスニングはこちら~♪
61話『Scared Silly』(日本版タイトル「イタズラはやめよう」)
 (コンプリートDVDシーズン3の2枚目に入っています)

scared silly は「とっても怖がる」という意味。
ハロウィンシーズンにぴったりのお話です。動画の通り、ウェンブリーとブーバーが主役の回。
この二人がコンビの話はハズレがないと以前書いたけど、この話もとっても愉快!
フラグルの中でウェンブリーだけ目玉が動くのですが、この回は全エピソードの中でも目を回すシーンが一番多いんじゃないかな。(動画のシーンでも目回しています)

ところでリスニング問題はどうだった? え、簡単ですか?
うにゅーん。私の今の力ではうまく聞き取れません。フラグルロックは子供番組だから難しいことは言っていないと思うんだけどなあ。
まず、ウェンブリーの鼻歌の部分ですが、

 “ ♪ Oh, Im, going to see Boober, He’s going to see me. Hey, won’t that be fun? Oh, screamなんとかなんとか! Oh, Boober is my buddy, and Boober is my pal. Oh, won’t that be funny? Oh, なんちゃらかんちゃら! ♪ ”

だと思うんだよね。ウェンブリーのこのテンションに私の耳がついていきません。ひー。

この話、ブーバーがウェンブリーを脅かしているのは誰が見たって分かるけれど、ブーバーがなんでそんなことをしているのかはブーバーのセリフが聞き取れないとちょっと分かりづらい気がします。でもその理由が分かっていないと話全体が掴めないの。
動画部分が聞き取れる方なら全部楽に聞き取れると思うので問題ないでしょうが、私はそうじゃないので何度か聞き直しました。この回、キーワードが分かれば、一気に話が掴めます。

キーワードは2つ。

 Baloobius
 blow up

あとは
 scare…怖がらせる
 be scared…怖がる、脅える
 revenge…リベンジ、復讐、仕返し
 get back at・・・~に仕返しをする, 復讐する
 Boo!…人を脅かす時に使う擬態語
 Kaboom!…ドッカーン!
ってところ。付け足すなら、仕返しの道具が snakes pebbles masks spiders です。

とにかくscareBaloobiusblow up(過去形blew up) ばかり言ってるので、この語が分からないと全く意味が分からなくなります。(言い換えると、この語を押さえておけば意味が掴めます)

blow up
これは2つの意味で使われていて、ひとつは「叱り飛ばす」「むかっ腹」の意味。もうひとつは「爆発する」。この回、この2つの意味が分かるかどうかがポイントといってもいいほど。
(私は最初「爆発する」のほうの意味しか知らなくて、話の意味を取り違えてました。この2つの意味があるから、ゴミーさまの言葉をフィロとガンジの2匹がふざけて伝えてフラグルロックまで謝りに来る羽目になったのだとやっと分かったところです^_^;)


フラグル用語
 Baloobius…バルービアス。しっぽの先のフサフサの部分

バルービアスについては動画部分でブーバーがウェンブリーのしっぽを掴んで説明しています。

 ブーバー “ This is your Baloobius. If it’s working properly, it flared out when you’re scared. ”
 「これがきみのバルービアスだ。ちゃんと機能してれば、怖い時にふわっと広がる」

(リスニング問題の2番目の答え)
バルービアスが健康かどうか確かめるには脅かさなきゃならない、早い話が健康診断をしているから。


それでは今回は動画部分とその後のウェンブリーのシーンのリスニングです。

  • 2012.10.15 21:44 
  • Comment : (0) |
  • Trackback : (0) |
  • URL |

> フラグルロックで英語勉強

80話『Wonder Mountain/ふしぎ山へ行こう』 

先週モーキーとレッドがルームメイトになる話をやりましたが、今週もこのふたりが主役の話を取り上げます。
80話『Wonder Mountain』ワンダーマウンテン 。日本語版タイトルでは「ふしぎ山へ行こう」だったと思います。
(アメリカの放送では81話になっていますが、DVDでは前後しており80話になっています。ファイナルシーズン2枚目に入っています)

この回は見どころいっぱい!

 ・レッド VS モーキー
 ・ゴーボー&ウェンブリー&ブーバー VS ランフォード
 ・魅力的なロケーション
 ・個性的で強烈な不思議生物
 ・ホラー&ファンタジー


フラグル用語 もてんこ盛り!
フラグルロックらしい不思議な場所と生物がたくさん出てきます。

 the Wonder Mountain…ワンダーマウンテン。フラグルロック内にあるふしぎ山
 Avalanche Pass アバランチ峠
 Invisible Bridge…見えない橋の名前 
 Wonder Trail…ワンダートレール。ワンダーマウンテンにある踏み分け道
 Wonder Mountain on Five Radishes a Day…ワンダーマウンテンのガイドブックのタイトル
 Aurora Fragglialis…1000日ごとに現れるオーロラ。ワンダーマウンテンで見ることができる

 Singing Cactus…歌うサボテン。近づくと罠にはまって一生出られなくなる
 Avalanche Monster…アバランチモンスター。巨大岩のモンスター

 the Itching-Plant…イッチングプラント。一滴の汁でかゆみが止まらなくなる植物(他の回でも出てきます)
   the Itching-Plant lotion…イッチングプラントのかゆみ止め薬
 the Gaga-bug…虫の名前、ガガバグ。噛まれるとヘンになる
   the Gaga-bug repellent…ガガバグの虫除け
 Cootie…虫の名前、クーティ。刺されるとロックフィーバー(細菌性感染症)を引き起こす



この話は面白いです!


― 日本語でストーリー紹介 ―
ひとりでワンダーマウンテンに行くというモーキーを心配するレッド。
モーキーに私のことを信じていないのかと言われ「信じてる。約束する」と言い、モーキーなら大丈夫というゴーボーの言葉に安心するが、ブーバーが恐ろしい想像を次々に言うので、こっそり後をつけていくことにする。
モーキーに危険がないよう先回りして見えない橋に跡をつけるが落っこち、捕まったら一生出られないという歌うサボテンに近づかないようバリアーを張ろうとして、反対に自分が捕まり、モーキーに助けられる。
モーキーからどうしてここにいるのかと聞かれ誤魔化すものの、岩のモンスターに襲われ「私がモーキーを守る、そのために来たんだから」と言ってしまい、モーキーを怒らせることに。

一方、ランフォードの世話を頼まれたウェンブリーたちは、石鹸を飲み込んでシャボン玉を口から吐くようになったランフォードを元に戻そうとするがうまくいかず、口移しで石鹸を吸い出そうとする。


これ、一回しか見てないのに覚えてた話のひとつです。多分「歌うサボテンシスターズ」のインパクトが強かったんだと思う。フラグルロックにはた~くさんの歌があるけど、その中でもこの歌うサボテンの歌はかなり強烈!今見たら思いきり笑えましたが、子どもには怖いかも(ノ∇≦*)


上に書いたフラグル用語がこの回のキーワードです。特にこの4つ。

 Wonder Mountain…ワンダーマウンテン
 Singing Cactus…歌うサボテン
 Avalanche Monster…アバランチモンスター
 avalanche…雪崩

あと、ランフォード♪


なんせフラグル用語が多いので、その点では聞き取りが大変だったのですが、それを押さえておけばそんなに難しくないかな~という感想です。
この回は動きにメリハリがあるので、聞き取れなくても話は分かります(ノ∇≦*)

  • 2012.10.09 12:47 
  • Comment : (0) |
  • Trackback : (0) |
  • URL |

> フラグルロックで英語勉強

フラグルロック44話『A Cave of One's Own/あんたなんか大きらい』のリスニング その1 

44話『A Cave of One's Own』(日本版「あんたなんか大きらい」) のリスニングです。

この回はフラグルロックのちょっとした分岐点になっています。
・モーキーとレッドがルームメイトになる
・博士の家の隣にキャプテンズ・インができる

この回以降、2人の洞窟部屋のシーンや宿の女主人の話が増えるようになります。
それまで部屋といえば決まってゴーボーとウェンブリーの洞窟部屋か、たまにブーバーの洗濯部屋が出るくらいだったので、モーキーとレッドの部屋ができたことで話の幅が広がった気がします。

そして、この回、忘れちゃならないのが、

・ランフォード初登場♪

ランフォード大好き~♪(ノ≧∀≦)ノ
この回でモーキーはランフォードのことをこう説明しています。

 LANFORD is a Night-Blooming Yellow-Leaved Deathwort.

無理に訳すと「夜咲きの黄色い葉の恐怖植物」 (ノ≧∀≦)ノ
ランフォードがモーキーにだけ懐いていてレッドには最初から敵対心丸出しだったことがこの回で分かります(笑

(前に書いた53話『Blanket of Snow, Blanket of Woe(こおってしまったゴミーさま)』に載せた公式動画で姿が分かります)

ホントは81話をやろうと思ったのはランフォードがかわいかったからです。ゴーボー&ブーバー&ウェンブリーの男子3人組とランフォードのやりとりのシーンが好きなの。それと歌うサボテンシスターズがあまりに強烈だったから! 個人的にはこの44話より81話のほうが好みです。どうでもいいようなドタバタ話だけど、モーキーとレッドの対比やそれぞれの特徴も出ていて、面白いんだヨ(ノ∇≦*)


ではでは44話『A Cave of One's Own
モーキーとレッドがルームメイトになる話です。
この回はなんといってもふたりの大ケンカが見ものです。

(モーキーとレッドって、意見の食い違いはよくあるけれど、ケンカする話は意外と少ないの。81話でもケンカしてるけれど、モーキーのことを心配しすぎたレッドが余計なことしてケンカに発展した形なので、ケンカバトルという点ではこの回が最も激しくてすさまじいです(ノ∇≦*))

日本語でストーリー紹介


ルームシェアする洞窟を探すことになったモーキーとレッド。
性格の違うふたりがルームシェアなんてうまくいきっこないというゴーボーだけど、わたしたちはなんでも賛同しあえるのとモーキーとレッドはぴったりの洞窟を発見。
でも、レッドの荷物の多さと中身にびっくりするわ、好きな話も違うわ、ランフォードはレッドに威嚇しまくるわ、モーキーは早朝のセレモニーを始めるわ、レッドは毎朝エクササイズをするわ、で全く違う二人。それでもお互い相手に合わせるふたり。

さあ、引越しパーティだ~!
モーキーは丸い形を2人のシンボルとしてあちこち飾りつけ、レッドはモーキーがひとまとめにした中からシッポ引きトロフィーを探し出す。手にご馳走を持ちながらゴーボーとシッポ引きを始めるレッド。部屋はごちゃごちゃになり、次第にモーキーとレッドはケンカモードに。
とうとうモーキーったらハンモックを使ってレッドをプールに投げ落としちゃった!

荷物をまとめに戻ったレッドはランフォードの様子がおかしいことに気づき、慌てて水をあげるモーキー。
ねぇモーキー、私ずっとあなたが気に入りそうなことをしてきたのにどうしてこんなことになるの? 私もあなたが気に入りそうだと思ったことを言おうとしてたわ。
わたしたち、本当は自分に素直になるべきだったのよ。フリをするんじゃなくて。そう、シッポ引きゲームなんてくだらないって言えばよかったんだわ。
じゃあ、私も素直になっちゃう・・・。

なんと、今度はレッドがモーキーをプールに突き落としちゃった!

激しく言い争うふたり。
なんで私がなんでもかんでもあなたの好きなように同意しなくちゃいけないの?!
私に同意する必要ないったら!私はあなたに私のようになって欲しいわけじゃないんだから!あなたはあなたらしくいて頂戴!!
私もあなたらしいあなたが好きなんだからね!!

結局ふたりが全てを同意できるわけじゃないということに同意し、モーキーとレッドの仲は元に戻ったのでした。




  • 2012.10.01 23:21 
  • Comment : (0) |
  • Trackback : (0) |
  • URL |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。