> スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • --.--.-- --:-- 
  • Comment(-) |
  • Trackback(-) |
  • URL |

> フラグルロックで英語勉強

18話『The Minstrels』 

9月24日はジム・ヘンソンの誕生日。

フラグルロックの中でマペットの生みの親ジム・ヘンソン氏自身が演じているキャラクターは2人。
ひとりは偉大なジョン(Convincing John)、もうひとりは音楽士カンタス(Cantus the Minstrel)です。

偉大なジョンは派手な衣装を身にまとったsillyなキャラクターですが、カンタスはミステリアスで哲学的。
どちらもジム・ヘンソン氏を表したキャラクターだと言われていますが、カンタスはジム・ヘンソンさんとずっと一緒に仕事していた脚本家のジュリー・ジュールさん(Jerry Juhl)が“Jim was Cantus and Cantus was Jim.” 「ジムはカンタスだ。カンタスはジムだ」とインタビューに答えていることからも、特別なキャラクターに違いありません。

偉大なジョンの初登場の回は以前やりましたので、今回はこちらのカンタスの初登場の回をやります。


第1シーズン18話 『The Minstrels

タイトルにもなっている minstrel(ミンストレル)とは諸国を遍歴して詩や歌を吟じた吟遊詩人のこと。

 レッド“ Hi.This friend of mine is having a problem.She can’t find to her song.Isn’t that silly? Got any advice? ”
 カンタス “She must look inside. ”
 レッド “Inside what? ”
 カンタス “Inside the outside.And she must listen. ”
 レッド “To what? ”
 カンタス “To her song. ”
 レッド “But…Who is this guy?! ”
 レッド「ハイ。私の友達が困ってるの。自分の歌が見つけられないんだって。おかしいでしょ? なにかアドバイスない?」
 カンタス「内側を見るのだ」
 レッド「何の内側?」
 カンタス「外側の内側。そして聞くのだ」
 レッド「何を聞くの?」
 カンタス「自分の歌を」
 レッド「なっ…なんなのこの人?!」

あはははは(ノ≧∀≦)ノ


では、18話 『The Minstrels』(コンプリートDVDシーズン1の3枚目)のリスニングその2
前回は博士のシーンと冒険マットのシーンをやったので、今回はフラグルのシーンです。
この回は英文的なものより、カンタスの受け答えの妙にあるので、それを中心に書いてみます。


公式動画からカンタス初登場のシーン♪
動画部分がちょうどフラグルシーンの冒頭部です。

『"The Minstrels" 』


ウェンブリーもゴーボーもモーキーもパイプの音に起き出して不思議がっているのに、レッドひとりだけプールに飛び込んでるのがおかしいです(ノ∇≦*)

 レッド “ I’m gonna be first today…I did it! I was the first one in the pool today!... Hey! What’s everybody doing so early? ”
 「今日最初は・・・、やった! 今日最初にプールに飛び込んだのは私よ! ねえ、みんな、こんな朝早くになにやってんの?」

動画部分は“ Who are you? ”と聞かれて「私はカンタス。我々は音楽士だ」 と言ったところで終わっていますが、その後こういう説明が続きます。

“ We wander this boundless rock of ours, finding fraggles in distant caves. ”
 「我々は遠い洞窟にいるフラグルを探しながらこの果てしないロックを旅している」
 wander…歩き回る、さまよう、放浪する
 boundless…果てしない
 distant…遠い
ここ、wanderという単語を知らなくて wonderだと思ったんですが、よーく注意して聞くとwanderなんですね。
んー、こういう似たような発音の単語って難しいなあ。


この後、メドレーの一番手に名乗り出たレッドがカンタスに「ルールは?」と尋ねます。

 カンタス“ There are no rules and those are the rules. ”
  「ルールはない。それがルールだ」

カンタスはゆったり喋るので聞き取りやすいし、英文的にも簡単。でも言っていることはミステリアスなの(ノ∇≦*)
彼の台詞は無理に訳さないほうが伝わるような気がするので、そのまま書きます。

 レッド “ I know lot of songs! You name it. I’ll sing it. ”
 カンタス“ No,no,no.You must sing your song. ”
 レッド“ My song? No problem.How does it go? ”
 カンタス “ If you don’t know,I can’t tell you. ”

 You name it...「挙げてみて」「言ってみて」

レッドが(何よその答え)みたいな顔してます(ノ∇≦*) 


 カンタス “ My pipe is a magic pipe.A mysterious and invisible…a mysterious and invisible... ”
 レッド “ A mysterious and invisible what? ”
 カンタス “ I don’t know.It was so mysterious and invisible. ”

はいはい(笑


 カンタス “ But, you’ve heard enough.Now it’s time for you to listen. ”

いやー、これなんかそのまんま訳したら「しかしあなたは充分聞いた、今は聞く時だ」になっちゃう(笑
もう充分訊いたから今度は聴けってことだけど、この listen がカンタスを代表するキーワード。なんだかいつもlistenと言ってる気がするほど(ノ∇≦*)

フラグルはそれぞれ自分の歌を見つけて明日の朝メドレーをすることに。メドレーのリーダーは勿論レッドです。


そうそう、カンタスたち音楽士は5人。みんな名前があるんですよ~
2012y09m19d_120116112.jpg
(彼らはまた出てくるし、フラグルロック以外のマペットの作品にもエキストラでいたりします♪ フラグルとはちょっと様相が違ってるんだよね)


次はフラグルたちが自分の歌探しに出かけた後のカンタス一行のやりとり

 マレー “ Hey,boss,you sure know how to pick your medley leaders. ”
 カンタス“ I don’t pick them.They pick themselves. ”
 マレー “ Yeah.But this one,we could be here for days! ”
 カンタス “ She’ll find her song,in time. ”
 マレー “ On time for tomorrow’s medley? ”
 カンタス “ She has a long way to go,though the journey is short.The medley will not start without her. ”
 立ち去るカンタス
 マレー (仲間に向かって)“ Did he anser my question? ”
  (ひとりは首を縦に、もうひとりは横に振る)
 マレー “ That’s what I thought. ”

 「ボス、メドレーリーダーの選び方を知ってるんですかい?」
 「私は選ばない。彼らが自分で選ぶのだ」
 「そうですけど、今回はここに数日いるんでしょ?」
 「彼女は自分の歌を見つけるであろう。時間内にな」
 「明日のメドレーは時間通りですか?」
 「彼女にとって先はまだまだ長いであろう。しかし旅は短い。メドレーは彼女抜きには始まらない」
 「おれの質問の答え言ってた? (うん&いいえ) そうだと思った 」

 in time…「時間内に」 on time…「定刻に」「時間通りに」
 has a long way to go…「やるべきことがたくさんある」「まだまだ先は長い」ってな意味

 カンタスの言うthe journeyが何を指すのか謎ですね。


だば、 『The Minstrels』 残りのリスニングを
その前に日本語でストーリー紹介です。


フラグルロックにカンタスが来た。カンタスはみんなでメドレーをするよう提案。
リーダーになったレッドだけど、どうやって「自分の歌」を探せばいいのか分からない。
カンタスの持っている魔法のパイプからは自分の歌を見つけたウェンブリーやゴーボーの音楽が流れる。
「そうか、私の歌もそのパイプの中ね!」そう思ったレッドは、モーキーに嫌々手伝ってもらって夜中こっそりパイプを持ち出しちゃった。
でも魔法のパイプからは自分の歌は流れず、ゴーグの庭まで引っ張られ危険な目に。パイプはやっと手から離れたけれど、レッドの手には不思議なマークが!

翌朝、パイプがなくなったのでメドレーは始められないというカンタス。
パイプを取ったのは悪意じゃなくただの誤解だとしたらどうなるのとモーキーは尋ねるけど、カンタスは「誰にでもありうることではない。誤解ではない」ときっぱり。
モーキーはレッドをかばって「私がやったようなものです」って。でもレッドは自分がやったと手を見せる。
レッドとカンタスはパイプを拾いにゴーグの庭へ。レッドは捕まりそうになるけどパイプからはゴーグの音楽が流れゴーグ王子は踊りだす。
無事パイプを手に入れ広間に戻ったふたり。
さあレッド君の歌を歌う時だ。「できない、私の歌はパイプが知ってるんだもん」「きみの歌はきみの中にある、きみがいなけりゃパイプも鳴らない。聴くのだ!」
静かに頭の中に耳を傾けるレッド。
歌えるかい? もちろん!
こうして、レッド、モーキー、ゴーボー、ウェンブリー、ブーバーまで、それぞれ順番に自分の歌でメドレーを奏でたのでした。


  • 2012.09.22 12:26 
  • Comment : (0) |
  • Trackback : (0) |
  • URL |

> フラグルロックで英語勉強

フラグルロック88話『The River of Life/川を大切に』のリスニング その1 

先日UPされたこちらの公式動画を。

『Fraggle Rock "River of Life" 』



88話『The River of Life』の一部です。
これこれ! 個人的に大好きな回!!

今回は、もーこれっきゃない。88話『The River of Life』(コンプリートDVDファイナルシーズン3枚目) です。


フラグルロックの全作品中、いつものエンディングではない回が確か3回あります。ひとつは最終回。もうひとつは49話『The Bells of Fraggle Rock』(日本版「きみのベルを鳴らせ」ではいつものエンディングが流れますが、オリジナルは劇中歌をフラグルたちが歌うバージョンになっています)、そして残りがこの88話『The River of Life』です。特別な回なんですね。


動画部分はフラグルの冒頭シーンにあたるのですが、この回は博士の行動がフラグルとゴーグの運命に直結しているので、まずは博士のシーンから書きます。


― 博士と犬のシーン ―

  “ I met a man who has scheme that could make us a hundred thousand dollars, overnight. ”

とびっくり発言で登場する博士。英文的には難しくないけど、英語の数字の表し方が出てたので書いてみました。
 a hundred thousand dollars …10万ドルですね。英語での数字の表現方法って苦手だなあ。

一晩で10万ドルになる話を持ちかけられ、お金が手に入った後の想像を楽しんでいます。スプロケットはスポーツカーを提案しますが、博士はエメラルドラグーンによる南太平洋豪華クルーズにしようと言っています。なぜいきなり10万ドルが手に入るかというと、

(地図を広げながら)
  “ These here are caves, right below our property.And he said this whole Limeston Formation is perfect place for long term storage of industrial waste.”
 「我々の土地の下に洞窟がある。彼が言うにはこのライマストン層は長期に産業排水を貯めておくにはもってこいの場所なんだそうだ」
 industrial waste…工場下水、産業廃棄物
 storage…貯蔵、保存(この単語は普段ブーバーがよく口にする単語ですね)

博士に話を持ってきたのは、なんと産業廃棄物処理係!
Limeston は博士の家近くの土地の名前かな。Limeston Formationはその場所の地層だと思います。
つまりフラグルロックのある真上を産廃を流す場所にしようという計画を持ってきたわけです。これは大変!
相手は「適切に処理されて害はない」なんて言ったらしいけど、どうなのか。スプロケットは話を聞いて大慌てで博士を止めます。
博士はまだサインをしていません。でも

  “ They’re just trying out the new injection proceeds right now. It's only a measly hundred gallons of harmless industrial waste,it wan’t hurt anyone.”
 「彼らはちょうど今産業排水の注入を試しているところだ。たった100ガロンぽっちの産廃だよ、害のないな」
 injection…注入、注射
 proceeds…収益、利益
 measly…ちっぽけな、わずかな

博士にとってはお金になることなので、proceeds という単語を使ったのかな。博士にとってこれは願ってもいないわくわくする申し出です。スプロケットがいくらやめろと言っても、博士は壁の向こうにはなにもいないと信じているんだもの!


水がフラグルロックに滴り落ちていきます。(ここから動画部分スタート)

この水は産業排水です。ひゃあ~~!!

― フラグルのシーン ―

 レッド “ C'mon, Boober! It's a hot day and we're all going for a swim.”

というレッドの言葉で始まります。「今日は暑いからみんなで泳ぎましょ」ってブーバーを誘ってるのね。
でもブーバーったら、

 ブーバー “ Soory,Red,but swimming is not on the agenda today.”
 「ごめんね、レッド、今日の予定に水泳は入っていないんだ」
 agenda…行動計画、予定表

代わりに何するのとモーキーに聞かれたブーバー

 ブーバー “ Well, I thought I'd do a little ANTING.” 「ちょっとアリしようと思って」
 モーキー “ ...ANTING? ” 「・・・アリするってなに?」
 ブーバー “ Yeah,watcing Ants.” 「アリを見ることさ」
 レッド “ He'd sooner watch ants than swim? ” 「水泳よりアリを見るってか?」

あはははは。ブーバーがおかしい(ノ≧∀≦)ノ
しかしこのanting の部分は何て言っているのかしばらくナゾでした。次のwatcing ants で何かを見ることだと分かったものの、アリだといきつくまでにちょっと時間がかかっちゃいました。アリだと分かればantsにしか聞こえないし、anting と言ってるんだと分かるけど、咄嗟には結びつかなくて「え、なに?」ってなっちゃうんだよね。


 ブーバー “ Ants are fabulous little guys. Look, there’s one now. ...No, that’s moss. Anyway, I think this particular cave is little too dump for Anting. ”
 「アリはすごいヤツなんだよ! いいかい、ここにいるのを見てよ。…いやこれは苔だ。とにかく、この特別な洞窟はアリの観察には汚れすぎてるんだろうな」

と話している途中で「何のにおい?」とブーバーが異変に気づきました!
モーキーとレッドには分からないみたいですね。

 ブーバー“ It’s kind of a tiny order with a bitter sort of edge to it. It’s very weird. I'm gonna check it out. ”

この It’s kind of a tiny order with a bitter sort of edge to it.がうまく訳せません。tiny orderは普通小口注文のことだよね。でもこのorderは状態を表してるんだと思う。苦し紛れな意訳だけど「わずかだけど、ちょっと危険な感じ。すごくヘンだよ。見てくる」ってところかな?

 モーキー “ There goes the most sensitive sniffer in Fraggle Rock. ”
 「彼ってフラグルの中でいちばん敏感な鼻を持っているのね」
 レッド “ Oh,come on,Mokey. Let's go get in the water ! ” 「さあ、モーキー、水の中にゴー!」



この後本編ではゴーグのシーン。
ゴーグの王様が王子に「母さんと小川へ遊びに行ってくるからな」と言い、王子も一緒に行きたがるけど、王様は王妃とふたりでいちゃいちゃしたいため王子に庭の世話をするように言うの。
一人になった王子が庭の野菜に水を撒いていると、葉っぱがしおれて黄色になっちゃいました。
 wilt…草花がしおれる

うーん・・・これは水が原因に違いない。



その後、動画の残りのフラグルのシーンになります。マットおじさんがいるシーンね。
ファイナルシーズンのマットおじさんはフラグルロックにいることが多いです。
プールの水が少なくなって、泥が見え始めているみたい。

 モーキー “ Must be this heat wave, the miracle of evaporation. ”
 「この暑さのせいね、蒸発という驚異だわ」
 evaporation…蒸発乾燥

ここでモーキーはひとり退場してます。

 ゴーボー “ Well, so much for our swim.” 「ま、泳ぎはナシだね」
 so much for…「~しても無駄だからからやめよう」の意味

 マットおじさん “ What? That's nonsense. Do you know what we would have done back in the olden days ? ”
 「なにを言うか。ナンセンスな。昔に戻りゃいいじゃろ?」

 レッド “ Wait for it !”
  Wait for it !「いいか、よく聞け」という慣用句。レッドが(さあマットの論説が始まるわよ)ってカンジでうんざりしながら言ってる台詞(ノ∇≦*)


マット “ We would have run down to Waterwheel Cavern? Hauled that water back here in buckets and topped off up that pond.”
 「ウォーターホイール洞窟まで走っていって 水をここまでバケツ輸送して、池を満たしただろうに」
 haul…運搬する、引っぱる

フラグル用語
 Waterwheel Cavern…ウォーターホイール洞窟。名前の通り水車のある洞窟


 ゴーボー “ Gee. Run all the way to Waterwheel Cavern in this heat?”
 マット “ Absolutely. And of course,we’d have been singing ,too. I suppose younger folk were made of tougher stuff in those days.”
 レッド “ Give me a break! ”

 「この暑さの中、ウォーターホイール洞窟までずっと走ってくの?」
 「その通り! もちろん歌いながらな。当時も若い連中のほうがタフでその仕事にゃ向いておった」
 「勘弁してよ」

昔ながらにバケツリレーをやったらどうじゃ、ただし若いもんだけでな、って言っているマット(ノ∇≦*)
冗談じゃないわよって言うレッドにゴーボーは「あそこまで走ってって水汲んで帰ってくるなんてキミにゃできっこないだろ」って言うもんだから、「できるわよ!」って売り言葉に買い言葉で答えてます。

 ゴーボー “ Ha,ha,ha. Isn't she hilarious?” 「ハハハハハ。彼女ってほんっとウケるよね」

 この hilarious もよく出てくる単語ですね~。 You're hilarious.That's hilarious.みたいな使い方のときは、「超ウケる」「最高におっかしい!」みたいな意味だよね。
レッドならバケツ輸送なんてやりっこないのにと思っているゴーボー、もちろんレッドだけじゃなく誰もやるわけないじゃんって気持ちなんでしょう。
だけど、この “ Isn't she hilarious?” というゴーボーの台詞に対して、

 マット “ On the contrary,I'm grad somebody here to think they’d be up to it.”
 「とんでもない。わしゃ嬉しいぞ、やれると考えてくれるものがここにいるとは」
 on the contrary…それどころか、とんでもない

これまた苦手な表現が出てきた…。何がって、be up to たった3つのシンプルで簡単な単語の連続なのに訳そう思ったら難しい表現のひとつだなあ。基本的には「しようとしている」「企んでいる」「やりこなす」「~に向かっている」という意味だよね。
いくつかよく使われるフレーズを書いておこう。(このまま覚えちゃえ)
 It's up to you. …「あなた次第です」
 What have you been up to ? …「最近どうしてた?」
 What are you up to tonight ? …「今夜の予定は?」


動画に戻ってっと。「私ならできるわよ」と言ったレッドのことをマットが誉めたので、ゴーボーも “ Oh, well, I can do it, too.” 「ぼくもできるぞ」と言い、ウェンブリーも “ So could I.” 「ぼくも」と答えてるけど、いいのかな~?

「すばらしい! わしゃバケツを持ってこよう。じゃな」と出て行くマット。
残った3人。

 ウェンブリー “ Neat!”
 neat…「きちんとした」「手際のいい」「簡潔な」「すばらしい」
 これフラグルロックでもわりに使われる表現で、「適切ですばらしい!」ってなことかと。

 ゴーボー “ Now, look what you got us into.”
 レッド “ It wasn't my idea ! ”
 「誰のせいでこうなったんだよ」
 「私のアイデアじゃないったら!」

ゴーボーはレッドがぼくたちを巻き込んだからこうなったと言っているけど、バケツ輸送なんてマットが言い出したことだもんねえ(ノ∇≦*)



  • 2012.09.10 16:32 
  • Comment : (0) |
  • Trackback : (0) |
  • URL |

> フラグルロックで英語勉強

フラグルロック90話 『Gone But Not Forgotten』 のリスニング 

フラグルロックのリスニング
今回は90話 『Gone,But Not Forgotten』(日本版タイトル「思い出は心の中に」) コンプリートDVDファイナルシーズン3枚目に入っています。

テーマはずばり「死」

フラグルロックは全部で96話なので、残り少ないということで、やり残したことをやろうとした回なのかもしれません。
作品中でキャラクターが死んじゃうというかなり印象的な回になっています。
実はこの2つ前の88話『The River of Life』でも「死」を連想させる話になっているのですが、危機的状況をブーバーが救うというハッピーエンドだし、見ているほうも助かると分かっていて見るだろうと思います。
でも、この90話は、ホントに死んじゃうの。
死んだフリではなく、生き返るわけでもなく、作品中で「ちゃんと死んだ」描写があるのって、セサミやマペットショーを含めてもこれだけじゃないかなと思います。マペットで死ぬシーンをやるなんてびっくり。(セサミのフーパーさんの死がありますが、あちらは「人間」ですし)

この話はフラグルロックの中でも異色です。
これを最初に見たときは、なんで死ぬのがマッドバニーのマッドウェルというわけの分からないキャラなのかなと思ったし、死ぬ話にしては感動が少ないんじゃないかと思いました。でも、見直してみて、「これってもしかしたらものすごくよく練られた話」なんじゃないかと思うようになりました。
誰かが死ぬ話って涙ありきで作られることが多いと思うのですが、この話にはそれがないんです。
この話の主人公はウェンブリーですが、泣くシーンもなければ、いつもよくやるようにパニックになったり喚いたりするシーンが全くないんです。

仲良くなった友達が、いきなり、突然、死んじゃう。病気で弱っていたわけでもなく、事故でもなく、「時が来た」というだけで目の前で死んじゃう。
彼が死んだことはハッキリしているけど、死んだことを受け入れられずどう考えたらいいのか分からない。

そうだよね、小さい子どもにとって誰かが死んだと聞かされても実感はわかないだろうし、「わーん」なんて泣いたりしないと思うもの。だからウェンブリーも泣かないし、ブーバーお勧めの「思い切り泣き叫ぶ」も、モーキーが勧める「葬式」も、ウェンブリーは「なにかが違う」といわんばかりに首を振っているのでしょう。
この回はウェンブリーが人の死を受け止めるまでを描いた成長話のような気がしてきました。マッドウェルを出したのは、フラグルやゴーグやドーザーには家族や友達がいてウェンブリーだけに焦点を合わせることができないからじゃないかと思います。「死」というテーマにウェンブリーを持ってきたのは、彼がイノセントな子どもだからに違いありません。
見直せば見直すほど、よくできていてジーンとくる話だなあと舌を巻きました。


ちなみにマッドバニーのマッドウェル(Mudwell the Mudbunny)のマッドとはmadではなく、mud 泥のことです。マッドバニーは泥でできたウサギのような生き物です。
(彼は後にマペット映画『Muppet Treasure Island 』にも出てます。そちらでも死と関連して出ています。フラグルロックのマッドウェルはゴーグ王子役のリチャード・ハントさんが演じているのですが、1992年に亡くなっており、『Muppet Treasure Island 』のほうののマッドウェルは別の方が演じています。つまり、分かる人だけ分かる演出なんですね)



それではリスニングです。
まずは日本語でストーリー紹介
  • 2012.09.05 10:32 
  • Comment : (0) |
  • Trackback : (0) |
  • URL |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。