> スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • --.--.-- --:-- 
  • Comment(-) |
  • Trackback(-) |
  • URL |

> フラグルロックで英語勉強

フラグルロック41話『Fraggle Wars(戦争なんかやめて)』のリスニング 

今回取り上げるのはこちら
第2シーズン41話『Fraggle Wars』(日本版では「戦争なんかやめて」というタイトルだと教えていただきました)
タイトルそのまま、「フラグルの戦争」がテーマの回です。

レッドとモーキーがたまたま他の場所に住むフラグルを見つけ、モーキーが捕まって囚人としてオリに閉じ込められちゃうの。そこから話が展開し、両者のフラグルたちが戦争を始めようとするんです。

子ども番組で戦争をテーマに描くのって難しいと思うのですが、フラグルロックならではの描き方になっています。

この話、何が秀逸かって、
 ・レッドはただモーキーを助けたいだけで、相手を攻撃したいなんて全く思っていないところ
 ・両者ともフラグルを率いているのは年長者であり、古いしきたりに従って戦争をしかけようとしているところ
 ・若い世代のフラグルたちは年長者に従っているだけで内心は納得していないところ
 ・何より戦争を回避させた手段が最高にいかしてる
この解決方法、ん~、すごいなあ。


実はこれ日本語版で見た記憶がなくDVDで初めて見たような感じでした。
オリジナルのフラグルロックを楽しみたくてリスニングに挑戦していますが、私にとって比較的聞き取りやすい回とそうでない回があり、この回は流し聞きした際はさほど難しくないかなと思ったのに、ちゃんと聞こうと思ったら意外と難しかったというのが感想です。

それというのも、「知らない単語は聞き取れない」という当たり前の壁にぶつかったからです。

これはもー、英単語の語彙を増やすしか解決法がないですね~。
暗記しなくとも、そういう単語があるということを記憶していれば推測することも可能ですが、元々知らない語には太刀打ちできないんだよね。それでも聞き取りの力があれば発音から調べられるけど、その肝心の聞き取り力がアヤフヤなんだから正しい語に行き着くのは至難の業・・・。
それとは別に「簡単で短い単語は意外と聞き取れない」という問題も(これは毎回)

例えば、これ。

 Worry, wrath and rave.
 No time now for being brave.
 Order's what we crave,
 Down in Fraggle Cave.

フラグルケイブに住むフラグルの歌です。フラグルロックのテーマ曲をなぞってますね~。
まず wrath rave という単語を知らなくて躓きました。でもって最後のフレーズDown in Fraggle CaveのところをDown at ~だと早合点。だってテーマ曲が Down at Fraggle Rock だから。

 wrath・・・恨み、憤り
 rave・・・わめきたてること


フラグル用語
 Golden Grotto・・・ゴールデン・グロット。ゴーボーの探検場所の地名
 The Cave Fraggles・・・相手側フラグルたち「ケイブ・フラグル」
 The Rock Fraggles・・・フラグルたち「ロック・フラグル」
 Beige・・・ベージュ。相手側のフラグルのひとりでモーキーの見張り役の名前
 The Fraggle Security Manual・・・フラグル・セキュリティ・マニュアル
 The World's Oldest Fraggle・・・長老
 The Cave's Oldest Fraggle・・・相手側の長老名

この回のフラグル用語は人(フラグル)の個人名と集団名が主ですね。
こちら側フラグルと相手側フラグルとの対比名がおもしろいです。
Beige(ベージュ)という名前も、勿論、レッドに対比させてつけた名前に違いありません♪



この回のキーワード
 enemy・・・敵
 enemy Fraggles・・・敵フラグル
 the other Fraggles・・・もう片方のフラグルたち
 prisoner・・・囚人
 weapon・・・武器
 war・・・戦争
 security・・・セキュリティ
 rescue・・・レスキュー
 hurt・・・傷つける
 practical jokes・・・悪ふざけ,いたずら


書き並べるのもなんだかな単語ばかりです。
最後のpractical jokesは博士が連発している言葉です。


そうそう! この回ね、ゴーボーが出てきません!
探検に出ているという設定で、一度も姿を見せないんだけど、ゴーボーがいると多分こういう展開にはならなかったんじゃないかな~と思うストーリー。
(ゴーボー役のJerry Nelson さんがお休みの回なんだと思います。ゴミー様もゴーグも出てこないし)



では41話『Fraggle Wars』(第2シーズン)のリスニングいってみよー!

まずは、日本語でストーリー紹介
  • 2012.07.26 17:49 
  • Comment : (0) |
  • Trackback : (0) |
  • URL |

> フラグルロックで英語勉強

フラグルロック54話『Pebble Pox Blues』その1 

今回のリスニングはこれ。
フラグルロック54話『Pebble Pox Blues』(コンプリートDVD第3シーズン1枚目)

この回のキーワード
 germs・・・細菌、病原菌
 contagion・・・感染、伝染
 contagious・・・伝染しやすい
 pox・・・疱瘡
 the symptoms in a severe case・・・重篤なケースの症状

このキーワードを見ただけで誰が主役か想像できちゃいそう。そう、ブーバーが主役!
ブーバーが抱いている恐怖症の中でもダントツなのが、germs(細菌一般なので複数形)
第1シーズンの最初からしょっちゅう口に出しているので、いやでも覚えた単語のひとつ。
バイキン、病原菌、細菌、感染、悪夢、スライム・・・ブーバーが恐れているものですね~。
マペットたちのクリスマスの中でカーミットやロビンに会ったときも「germs持ってるかもしれないから触らないほうが・・・」と言ってたっけ(ノ∇≦*)


この回もフラグル用語がたくさん!
まずはタイトルに使われているこちら

 Pebble Pox

これは病気の名前です。
pebbleはパーフェクトブルーローリーの回にも出てきた単語だけど、丸い石のこと。poxは痘(天然痘とかの痘)
丸いカサブタような痘が全身にできる病気です。
その他の症状は以下のブーバーの問診を参考にして下さい。

ブーバー“ You have a fever,don’t you?” 「熱があるんじゃない?」

ブーバー“ I’m gonna ask you some medical questions now. Does your fur feel frizzy? ”
 「では医学的な質問をいくつかします。あなたの毛皮が縮れていますか?」

ブーバー“ Your teeth feel ticklish?”「歯がむず痒いですか?」

ブーバー“ Does your tail ache?”「しっぽが痛いですか?」

上記に当てはまっていればアナタも立派なPebble Pox!
ちなみにPebble Poxは

 “ It is the most contagious disease a Fraggle can have.”
 「フラグルがかかる最も感染力の強い病気」

です。一度なると抗体ができて二度とかからないみたい。



フラグル用語
 pebble pox・・・伝染性の病気の一種。高熱、歯のうずき、しっぽの痛み、全身に疹が出る
 the Cave of Shadows・・・フラグルロックにある洞窟の名前。シャドウ洞窟
 doogan-berries・・・ドゥーガンベリー。pebble pox薬の主材料
 jumble-grass・・・ジャンブル草。抗生物質
 moon-rose・・・ムーンローズ。熱を下げる効能がある
 Poison Cackler・・・フラグルロックに住んでいる恐ろしい生き物、ポイズンカックラー。


物語はゴーボーがこのpebble poxにかかることろからスタート。
これ以上広がらないように薬の材料を集めに出かけるブーバーとウェンブリー。
でも途中でウェンブリーが倒れ、重症化して死にそうになっちゃう。
病原菌が怖くてたまらないブーバー。さあて、どうする?
死にそうな友達を見捨てておけるの?

この回はそんなお話です。


― 博士と犬のシーン ―

カレンダーに書かれたcheck-up
check-upは健康診断のこと。今日はスプロケットの予防注射の日。
注射が怖いスプロケットは隠れたりカレンダーを見えないようにするけど、気づかれちゃいました。

博士 “You want to avoid your annual visit to the vet to your shots.”
 「さては注射しに獣医のところへ行くのを避けようとしているな」
 annual・・・毎年恒例の
 vet・・・獣医
 shot・・・注射


中間部。宿の女主人からの電話
飼い犬エアデールテリアのマリーゴールドが病気になっちゃたんだけど病院に行くのを怖がって隠れてるっていうの。

博士 “And you were wondering if Sprocket could come over and convince her to shot to go to the vet? Well,I’d like to help, but... ”
 「スプロッケットに来てもらって動物病院で注射してもらうよう説得してもらえないかって? 手伝いたいのは山々なんですが・・・」

マリーゴールドと聞いてスプロケットが家を飛び出しちゃった(ノ≧∀≦)ノ

博士 “We’ll be right over. ” 「すぐに行きます」

あはは。

んでんで、後半部。
スプロケットったらマリーゴールドにいいとこ見せようと、自ら診察台に上って注射打つよう要求したのね(ノ∇≦*)
  exmine table・・・診察台


 You were magnificent! I’m sure she thought so,too.



― 今回の使えそうなフレーズ ―

 I'd like to help, but ~ 「お手伝いしたいのですが~」

 I’ll be right over. 「すぐに行きます」
 これは博士がよく言っているフレーズのひとつですね





  • 2012.07.09 23:59 
  • Comment : (0) |
  • Trackback : (0) |
  • URL |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。