> スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • --.--.-- --:-- 
  • Comment(-) |
  • Trackback(-) |
  • URL |

> フラグルロックで英語勉強

フラグルロック65話『ケガにまけるな(Playing Till It Hurts)』 

フラグルロックの聞き取り


まずはこの動画をご覧ください。
注目してほしいのは歌に入る前の約1分間のシーン。

『Fraggle Rock "Playing Till it Hurts" 』(公式動画)


はい、どれくらい聞き取れた?

リスニング力のある人にはなんてことないんだろうと思うけど、
私はこれ一度じゃ聞き取れません。ううん、二度三度聞いても、うまく聞き取れなかったです。

フラグルロックを見て「何て言っているのか分からない」となる代表的な例(笑

えっとね、このシーン、固有名詞が多いの。
何度も聞きなおして判明したのが以下。

まず、ゴーボーとレッド以外のフラグルの名前
(外国の名前って、文化が違うせいか、それが人の名前だとすぐに認識できないんだよね)
 Feenie(フィーニー)
 Lou(ルウ)
 Tosh(トシュ)
 Rock Hockey Hannah(ロック・ホッケー・ハンナ)


んでもって、チーム名が2つ。
 ゴーボーのチームの名前 the Gobo's Gorgbusters ゴーグバスターズって(ノ≧∀≦)ノ
 対戦相手のチーム名 the Rompel's Roustabouts

ゴーボー ” Hey,don't you want to see the Gobo's Gorgbusters beat the Rompel's Roustabouts tomorrow? ”
「明日、Gobo's Gorgbusters(ゴーボーズ・ゴーグバスターズ)がRompel Roustabouts(ロンペルズ・ロウツアバウツ)を打ち負かすところを見たいとは思わないの?」ってとこかな。
書けばなんてことない文なのに、フラグルオリジナル用語が出てくるから「んん??」ってなるんだよね。


そして人名・チーム名の他にもフラグルオリジナル用語が。
 rock hockey・・・ロックホッケー。アイスホッケーとバスケとフットボールをミックスさせたような競技
 greaseberry leaf ・・・グリースベリーの葉。グリースベリーはゴーグの庭に生えている植物。よく滑るのでスケート靴代わりにしている


たった1分の間に7つもフラグル用語が出てくるの!
いやあ、こういうシーンがリスニングの鬼門(笑


一応この歌の入る前の1分間のシーンを書き足しておきます。

 ゴーボー” All right! Come on! Let's see some action here. Feenie,two laps. Okay,okay.Lou,get out there and practice passing the old hockey pillow.That's good.”
 レッド” Hi,there coach.”
 ゴーボー” Oh,decided to come join us at last,I see...Good shot!”
 レッド” Come on,Gobo.I got delayed.”
 ゴーボー” I don't need excuses,I need work.Hey! Don't you want to see the Gobo's Gorgbusters beat the Rompel's Roustabouts tomorrow? ”
 レッド” Oh,we will,coach.We got me! ”
 ゴーボー” You can't even get to practice on time! Go get your greaseberry leaves.”
 レッド” Okay.”
 ゴーボー” All right,come on! Let's see some action out there! Mix it up! Mix ut up!”

 トシュ” Hi,Red!”
 レッド” Hi,Tosh!”
 トシュ” We got a new batch of super slippery greaseberry leaves. They make for great skating.”
 レッド” Good to know,Tosh! ”

 レッド” Boy,Rock Hockey Hanna has heard my playing is great.I'm really gonnahave to be hot tomorrow. Well,I can handle that.”


まあ聞き取れずともホッケーのようなものをやってるのは見れば分かるし、レッドが自分の活躍を妄想して歌っているのも一目瞭然だから、聞き流してもストーリーは分かるんだけどね。

ゴーボー ” Red,keep your mind on the hockey practice! ”
あはは。


ちなみに、これ、65話「ケガにまけるな」(原題『Playing Till It Hurts』)のフラグルのほぼ冒頭のシーンです(第3シーズン)
動画の最初のシーンでレッドが「ホッケーの練習!」って叫んでるけど、この回、レッドがロックホッケーの創始者ハンナから手紙を貰うところから始まっています。
その手紙にはホッケー選手としてのレッドの噂を聞いて「明日の試合を見に行く、私が行くと分かるとみんな私のためにパレードをするから内緒にして」と書かれているの。
レッドが「あのロックホーケーハンナが!?」ってびっくりしてるところにモーキーが帰ってくるんだけど、そのシーンが傑作!

 レッド “ I don't believe it!! ”
 モーキー “ Hi,Red. What don't you believe? ”
 レッド “Oh, uh... nothing! ”
 モーキー“ Well, you must believe something, otherwise you wouldn't say you don't believe it! ”

 「信じらんない!」
 「はいレッド。信じられないってなにが?」
 「あ、えっと…なにも」
 「じゃあ、なにかを信じましょうよ。じゃないと「それを信じられない」なんて言えないじゃない」

なんだ、このやりとり(ノ≧∀≦)ノ
レッドはその場を誤魔化すために「なんでもない」って意味でnothingって言っているんだけど、モーキーはI don't believe in nothing「何にも信じてない」って意味に(わざと)取ったんだよね。

でホッケーの練習しなきゃって叫んでるところから動画シーンスタート。
動画シーンの最後で、レッドがゴールにぶつかって怪我するんだけど、物語はこの後、怪我しても練習しようとするレッドがもっとひどい状態になっていくという展開に。
試合当日にはとても出られるような状態じゃないのに、ゴールキーパーのコスチュームなら誰か分からないと入れ替わり試合に出るレッド。『Playing Till It Hurts』というタイトル通りの内容です。

この回は英語が分からなくても見てれば内容は分かりやすいと思う。
見所はおそらくホッケーのシーンなんだろうけど、個人的なお勧めは、怪我したレッドにおとなしくしてなさいと言うブーバーと、こんな怪我たいしたことないと練習に行こうとするレッドのシーン。
んでもって、この回で聞き取れずに一番悩んだのも、このふたりのシーン。
2012y06m30d_165916322.jpg
 ブーバー “ You just climb right back into old Mr. Beddy-Bye! ”
 レッド “ Right after I introduce you to Mr. Fisty-Wist.”

ここねー、多分こう言ってるんじゃないかと思う。
まあどうってことないやりとりっちゃあやりとりなんだけど、ブーバーがベッドのことをMr. Beddy Byeと呼んで、それにレッドが Mr. Fisty Wistって返してるの(ノ∇≦*)
beddy-bye は「おねんね」という幼児語。
Fisty-Wist はレッドがその場で作った造語かな。語源はfistは「鉄拳」「げんこつ」って意味。それを幼児語風にfisty-wistって言ったのかなあと。
要するに、ブーバーに「おねんねちゃんにお戻り」って言われて、「あんたに鉄拳君を紹介してからね」って言い返してるわけ。

こういう何気ないやりとりもフラグルロックの醍醐味です♪


そうそうそう、この回モーキーのペット植物ランフォードがロックホッケーの試合見て楽しんでるの♪
動画シーンでもゴーボーの後ろにランフォードがいて面白そうに練習を見てるのが分かるかと。


ではでは、この回のリスニングをあとちょっとだけ。

  • 2012.06.30 17:24 
  • Comment : (0) |
  • Trackback : (0) |
  • URL |

> フラグルロックで英語勉強

82話『Space Frog Follies/カエルくんしあわせに』 

梅雨のシーズンなので、フラグルロックにカエル(本物)が出てくる話を。
今回は82話『カエルくんしあわせに(原題 Space Frog Follies)』のリスニングです。
コンプリートDVDだとファイナルシーズンの2枚目に入っています。

folliesは本来「愚行」「馬鹿げたこと」という意味ですが、ここでは「お笑い」「寸劇」「風刺劇」みたいな意味。

― 日本語でストーリー紹介 ―
ゴーボーはマットおじさんに誕生パーティに出席できないと言われて、がっかり。
でもマットはゴーボーを驚かせたくて、外の世界から持ち帰ったカエルをプレゼントするつもり。ハエを外の世界で捕まえてくる間、カエルの世話をすることになったウェンブリー。
ゴーボーには内緒にしなくっちゃね。
ウェンブリーはカエルをブーバーの部屋へ持っていくけど、ブーバーは気持ち悪いって。
ゲコゲコ。
「今の何の音?」とゴーボー。ウェンブリーはその場をなんとか誤魔化して、ブーバーの部屋からゴーボーを出し、鼻の上にキュウリを乗せる遊びをするけど、ゴーボーは塞ぎこんだまま。
大変、カエルはドーザーに運ばれ、池の中へ。ゴーボーに見つかる前に捕まえなきゃ!
ハエの格好をするウェンブリー。なにその格好? 新しいダンスの練習だよ~。
あっはっはっは。ウェンブリーったらおかしいや!ゴーボーは大笑い。
ウェンブリーの昆虫コスチュームダンスに触発されたフラグルたちはみんなで昆虫の格好に。
歌の間、カエルの世話をすることになるブーバー。マットがハエを捕まえて戻ってきた時には、ブーバーがいないよ。外の世界の入り口近くに置いてきたんだって。
意を決して外の世界へ行こうとしたら、近くでカエルの鳴く声が。つーかまえた!
でもカエルだって自分の生まれ育った世界が一番なんじゃないかな。
ごめんね、ゴーボー。ううん、ウェンブリーの言う通りだよ。
かくしてカエルは外の世界へ返すことになったのでした。




前に紹介しましたが、こちらの動画をもう一度。





前回の『Marooned』はブーバーの誕生日だったけど、これはゴーボーの誕生日話。
でもゴーボーじゃなくウェンブリーが主役。ウェンブリーにブーバーが絡む話です。
フラグルロックにはいろんな話があるけれど、ウェンブリーとブーバーがペアになっている話にはひとつもハズレがないの。(中の人マペッティアのスティーブさんとデイブさんはゴールデンコンビだと思う。マペットショーのゴンゾとリゾしかり、アニマルショーのスティンキーとジェイクしかり、息ぴったりだよね)

サブキャラクターのフィーニー(Feenie)、ラージ・マービン(Large Marvin)、マーロン(Marlon)も登場。
みんなで虫のコスプレして歌う『Insect Rock』はとっても愉快です。

この回のトリビア
 ・カエルが本物
 ・ゴミーさまとゴーグは出てこない
 ・マットとブーバーは同じ人が演じているため同シーンで喋ることがないが、マットとブーバーが入れ替わり立ち代り出てくるので、一緒にいるように見える(最後のワンシーンだけ一緒に映っている)
 ・フィーニー、ラージ・マービン、マーロンの中の人はゴーボーとブーバーとウェンブリー
  (マーロンとマットが会話するシーンがあるが、中の人はウェンブリーとブーバー)

つまり、キャラクターは違うけど、常にスティーブさんとデイブさんのゴールデンコンビのショーになっています。


んじゃリスニングを。
動画部分より前のシーンから書きます。

ゴーボーがパーティー用にフルーツをカットしているのを見たレッド

レッド ” What's the occasion? ” 「何のお祝い?」
ゴーボー ” A Surprise party. ” 「サプライズパーティさ」
ウェンブリー ” What a great idea! Who is it for? ”  「すごーい! で、何のための?」
ゴーボー ” Can you keep a secret? Me! ” 「ヒミツにしてね。僕のだ!」

ウェンブリーとレッドは固まっちゃいます。
ウェンブリー「サプライズパーティを自分でやるってどうやるの?」
ゴーボー「簡単さ。誰にも言わないんだ」

そこにマット登場。
マット「誕生日にはここにいられない。外の世界でやり残したことがあってな。帰ってきたら全て話す」
そしてウェンブリーに「ちょっといいか?」とこっそり耳打ちし、” Walk this way! ” といってゴーボーの部屋を後にします。
で、この Walk this way! 
マットは「こっちじゃ」と言ってるだけだと思うけど、Walk this way.には「この通りにやれ」という意味もあるので、ウェンブリーがマットそっくりに歩いて出て行くのがおかしいったら(ノ∇≦*)
(別の回でもカンタスにWalk this way!と言われみんながこれと同じギャグをやっているシーンがある)

ゴーボーはマットおじさんがいないことにがっかりし、パーティーなんてと八つ当たり。


部屋を出たマットとウェンブリー。

マット ” I want Gobo to have a real surprise party, not one he organizes himself. ”
 「ゴーボーに本当のサプライズパーティをしたいんじゃ。彼自身が計画したものじゃなくてな」

マット ” I brought him back a fabulous gift from Outer Space. But I need you to take care of it for a while. ”
 「外の世界から素晴らしいものを持ってきたんじゃ。でもちょっとの間キミが見ていてくれんか」

ウェンブリー” Sure, I.. What is that?! ” (ここからが動画の部分)

A Space Frog!

マット「外の世界の野生動物だ。おかしな生き物たちは彼と友達になるときには透明な洞窟のようなもの(cave-ettes)に入れるんじゃ」
だって(ノ∇≦*)

マット ” Don't be alarmed.That's the language it uses. ”
 Don't be alarmed.「警戒しないで」って意味。
 スペースフロッグは言葉を使うぞって(ノ∇≦*)そりゃまあマットは外の世界で料金メーターだの車だのみんな生き物だと思ってるからねぇ(笑

ウェンブリー ” Oh. Wow! What did it say? ” 「なんて言ったの?」
マット ” I'm not quite sure. ” 「はっきりは分からん」

ウェンブリー「おなかすいてるんじゃないかな。何食べるの?」

マット ” Flies. It's a wrong season for them here on Fraggle Rock,that't why I must return to Outer Space. ”
「ハエだ。フラグルロックじゃ今は時期じゃないから、(ハエ取りに)外の世界に戻らねばな」

ウェンブリー「分かった。だからぼくが面倒見るんだね」
マット「そうじゃ。でも忘れるでないぞ。フラグルロックに新しい種を迎えてることをな」
ウェンブリー「心配しないで。ぼくたち仲良しになれるよ。ね、スペースフロッグ?」

” Ribbit,Ribbit! ”

ウェンブリー「ね?ね? ぼくたちもう会話してる」

あはははo(*⌒―⌒*)o

「ゴーボーには見せるなよ」と言われ、隠しておくから心配しないでと言うウェンブリー。

” Hey,hey,hey! My name is Wembley. Can you say that? No,no,no. Watch my lips. Wem-b-ley . ”
 「ヘイ、ヘイ、ヘイ! 僕の名前はウェンブリー。言える? 違う違う違う。僕の唇を見ててね。ウェン・ブー・リー」

あははははは(ノ∇≦*)かわいすぎじゃ~!



んでブーバーの部屋へ。
  • 2012.06.26 13:33 
  • Comment : (0) |
  • Trackback : (0) |
  • URL |

> フラグルロックで英語勉強

フラグルロックのリスニングで思うこととイギリスバージョンの博士&犬のシーン 

フラグルロックのリスニングをしていますが、

 主語の後の ('re  'd  'll  've)の部分や冠詞 (a  the)が抜けてたり、違っていたり、
 時制が一致していなかったり、
 文法的にヘンだったり、
 スペルが違っていたり、

問題点はたくさんあると思います。
(自分でも「この文なんかヘン」と思うこともしばしば)

んー、リスニング難しい~!

ただ完璧を目指しているわけじゃないし、私の今の力では無理なので、
「多分こうかなあ?」「こんな風に聞こえたけど」ってところで書いてます。
後で間違いに気づいて訂正入れてるものもあります。
一度で聞きとれるほどの力がないので、繰り返し聞いて、書いて、いわばこのブログがディクテーションの勉強の場。
問題は、字幕もスクリプトもないので、合ってるかどうか確かめる術がないこと。
でもまあ、分からないは分からないなりにやってみます。
少しずつ正確に聞き取れるようになればいいな。



フラグルロックのリスニングで気がついたことを少し。

・ゴーボーは方言のようなクセがあり(カナダのアクセントだそうです)、語尾に“eh”のような発音がつくことが多い
・レッドはgoing toがgonna、 want toがwanna、 give meがgimme 、got toやhave got aがgotta のように短縮形が多く、カジュアルな口語表現も多い

この短縮形や口語表現が初心者の私にはつらいんだなあ。慣れるしかないんだろうけど。



えっと、4回に分けて17話『Malooned』のリスニング記事を書いたのですが、恒例の覚えようフレーズを書き忘れていたので、ここに書いておきます。


― 第1シーズン17話『Malooned』から使えそうなフレーズ ―

 悲観的なことばかり言うブーバーにレッドがキレて言う台詞
 You are driving me enough! 「いい加減にして!」

 ブーバーとハイキングに行ったらと勧められて返したレッドの台詞
 You've got to be kidding me! 「ご冗談でしょ!」

 ブーバーの台詞
 There's something that I have to tell you.
 「あなたに言わなきゃいけないことがあるんだ」

 パニックになったレッドにブーバーが言う台詞
 Snap out of it! 「目を覚ませ!」「しっかりして!」

 フェリックスの台詞
 Be my guest. 「ご自由に」「あなたの好きにどうぞ」

 泣かないでと言われてレッドが返した台詞
 I can't help it. 「どうしようもないの」「そんなの無理よ」

 救助活動が終わった後のフェリックスの台詞
 It's all in a day's work. 「いつものことさ」「朝飯前」




最後に、動画をひとつ紹介。
博士と犬のシーンはイギリス、フランス、ドイツ等それぞれ別に作られているのですが、これはイギリスのスタジオで録られたものですね。
イギリスバージョンでは博士は灯台守でキャプテンになっています。
動画は息子のB.J.とスプローケットのシーンだと思います。
スプローケットの近くのモニターが映ってたり尺が合わなかったりで録り直ししていることが分かります。珍しい動画ですね。




  • 2012.06.20 22:40 
  • Comment : (0) |
  • Trackback : (0) |
  • URL |

> フラグルロックで英語勉強

17話『Marooned/友だちっていいな』 

今回は第1シーズンから『MAROONED』(ファーストシーズン17話。DVD1巻の3枚目に入っています)
オリジナルの題を知ることはその話を理解する上で重要なんだと最近になって思うようになったので、原題もちゃんと押さえとこう。
しかし

marooned

のっけから聞いたことない単語だなあ。、
調べたら無人島に置き去りなんてときに使う単語で、「取り残された」「置き去り」って意味なんだって。
周りから完全に断ち切られて孤立している状態のことね。絶望感たっぷり!


この話、第1シーズンの中でも異色というか、シーズン始まって以来の情緒的シーンがあるんです。
レッドとブーバーの正反対のふたりが、閉じ込められて絶望的な状況になっちゃうの。
フラグルロックの中で「死」という直接的な言葉が出てきたのはこれが最初だと思います。

(実は後のほうのシーズンで死を連想させる話がいくつかあります。中でも、最終シーズン88話『The River of Life』水が汚染されてフラグルロックが全滅しそうになりブーバーだけが頼みの綱になる話と、「死」そのものがテーマとなった90話『Gone But Not Forgotten』ウェンブリーが友達の死に直面する話はとても印象的)

DVDのボーナスの中でこの回の話をレッド役のKaren Prellさんとブーバー役のDave Goelzさんがしているのですが、子供番組、しかもそれまで陽気と滑稽さを出してきたマペットコメディ、歌と踊りのフラグルロックという作品で死ぬかもしれないという絶望的な状況をどう演じるのかと悩んだそうです。
そして演じた際には感動して泣いているスタッフがいたってなことを話しています。
レッド役のKaren Prellさんは第1シーズンで一番お気に入りの回なんだって。

レッドもブーバーも主役フラグルなので、見ているほうとしちゃ助かることは明白なんだけど、
それでも閉じ込められたシーンはとっても美しいです。美しいという言葉がぴったりなの!

で、で。
何がいいかって、こういう状況だと本来の姿が出ることなの。
そう、レッドとブーバーの本来の姿がね。
普段は「怖い」なんて絶対に言わないレッドが、強がっていたけど本当は怖くてたまらないとしおらしくなっているのも、反対に普段は怖がりで悲観的なブーバーが、落ち着いていてレッドを元気づけているところも、も~めちゃくちゃたまりません!
このシーンがあったことでふたりの人間味がぐーんと増したんだよね。


そうそう、NHKがかつて4巻だけ出したビデオのひとつがこれ。
「ともだちっていいな」というタイトルです(今は絶版です)


ってわけでファーストシーズン17話『ともだちっていいな』(原題『MAROONED』)のリスニング。
実は私が唯一持っている日本版の話がこれなので、吹き替えの訳も書いちゃおう♪
今回だけ
吹き替え訳→オリジナルでは何と言っているか→ニュアンスが違う場合は私なりの意訳
といういつもと違うパターンでやってみます。
せっかくだから最初から最後まで何回かに分けてほぼまるっとやってみようっと。
ただしどこまで聞き取れているのか分かりません。


フラグル用語
 the Spiral Caverns … スパイラル洞窟
 Felix the Fearless … 救助隊長、突撃フェリックス
 Fluffinella … ご存知博士の親友ネッドの猫 フラフィネラ


今回のキーワード
 limabean soup …ライマビーン(インゲンの種類)のスープ
 focus on the positive …前向きに考える、明るい考えを持つ
 rescue…レスキュー
 the Fraggle Rescue Squad … フラグル救助隊
 be squashed …ぺちゃんこになる、押しつぶされる


~ あらすじ ~
今日はブーバーの誕生日。こっそり誕生パーティを開いて驚かすため、準備の最中レッドはブーバーを連れてお化け洞窟へ。
ところが岩崩れが起こり、ふたりは閉じ込められ、出られなくなる。
ゴーボーたちの懸命に救助が始まる…

(今回は本文でまるっとやるので、大まかなあらすじに留めておきます)




  • 2012.06.19 13:00 
  • Comment : (0) |
  • Trackback : (0) |
  • URL |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。