> スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • --.--.-- --:-- 
  • Comment(-) |
  • Trackback(-) |
  • URL |

> フラグルロックで英語勉強

ドーザーのビルを食べるフラグル 第6話『The Preachification of Convincing John』リスニング 

映像が残っていないため日本語吹き替えの再放送ができないそうで・・・残念でしょうがないのですが、気を取り直してっと。


第6話『ビルディング食べちゃダメ(原題 The Preachification of Convincing John)』(第1シーズン)から


フラグルの誓いの言葉(The Solemn Fraggle Oath )―

 Weeba Weeba, Woppa Woppa, Garpox Gumbidge, Whoopee!

【やり方】
 "Weeba Weeba(ウィーバ ウィーバ) で体を左右に動かす
 "Woppa Woppa(ウォーパ ウォーパ で体を前後に動かす
 "Garpox Gumbidge(ガーポ ガンビッジ) でくるっと回って
 "Whoopee ! (ウーピー!) ジャンプ!


【ルール】

 レッド ”Once one of us calls for the oath, the others have to swear to it!”
 ゴーボー ”You called the oath,you can release us from it.”

と言っていることから、

 ・誰かひとりが宣誓を呼びかけたら、その場にいるフラグル全員も誓うべし!
 ・他のフラグルを誓いから解放するには宣誓を呼びかけた本人にしかできない


このフラグルの宣誓は他の回でも出てきます。
今回の誓いの内容は

 Stop eating the doozer constructions. 「ドーザーのビルを食べない」

フラグルがドーザーのビルを食べなくなったらどんなことが起こるのでしょうか?

ってことで、シーズン1第6話『The Preachification of Convincing John』のリスニングです。



― この回のキーワード ―
 swear the oath…誓う
 solemn oath…正式の誓言
 the Solemn Oath of the Fraggles…フラグルの宣誓
 swear on the Solemn Fraggle Oath…フラグルの宣誓に誓って

 Doozer constructions…ドーザーの建築物

 sew a button on a fried egg…目玉焼きのボタンの縫い方



リスニングの前に、ちらと個人的意見

この回、一見ドーザーのビルをフラグルが食べることへの言及がテーマに見えますが、
オリジナルでは『The Preachification of Convincing John』というタイトルになっていることに注目。
Convincing John 日本版では「偉大なジョン」と言っていますが、
convincing…つまり誰かを説得する、納得させるって意味なので、「説得ジョンの説法」という意味のタイトル。
『ビルディング食べちゃダメ』という日本版タイトルはストーリーの内容を現したものでしょう。

偉大なジョンは特殊なキャラクターです。というのも、製作者ジム・ヘンソン氏の一面を現したキャラクターだと言われているからです。演じているのは、もちろんジム・ヘンソンさんご本人。

その偉大なジョンだけど、これが、3人のコーラスガールを引き連れてるわ、成金衣装着てるわ、適当なこと言うわ、歌詞だっていい加減、とズイブン調子のいいキャラクターなんだけど、みんなを説得させちゃうあたりナルホドと納得・・・、おっと私までジョンに納得させられそうになったじゃない(笑


さ、リスニングを始めます。
この回はフラグルロックという作品の中でとても重要な回のひとつだと思うので、詳しく書きます。(長文になっています)

この回ね、面白いセリフがいっぱいなんだよ。


まずは日本語で全体のストーリーを


  • 2012.04.11 19:21 
  • Comment : (0) |
  • Trackback : (0) |
  • URL |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。