> スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • --.--.-- --:-- 
  • Comment(-) |
  • Trackback(-) |
  • URL |

> フラグルロック

フラグルロック「ドーザーのビル」の作り方 

フラグルロックに出てくるドーザーといえば、いつもビルを作っているイメージがありますが、彼らがどうやってビルを作っているかご存知ですか?


第1シーズン第6話『THE PREACHIFICATION OF CONVINCING JOHN』から
ドーザーのビルのシーン

1 白いキラキラした粉にする
ドーザーのビル1.jpg


2 ショベルカーでそれを救って流し入れ
ドーザーのビル3.jpg


3 ドーザースティックを作る
ドーザーのビル4.jpgドーザーのビル5.jpg



4 ドーザースティックを組み立てる
2012y03m29d_145447793.jpg


5 建築
ドーザーのビル7.jpg


このドーザーのビルの原料は、ゴーグの庭にあるカブです。
ドーザーはゴーグの庭の真下までトンネルを作っていて、根元のほうからカブを引っこ抜いて砕いて粉末にしているのです。フラグルはドーザーのビルをむしゃむしゃ食べますが、そもそもフラグルの主食がカブなので、ドーザーのビルも本能で食べちゃうのでしょう。とは言っても、ドーザーのビルがカブでできていることをフラグルは最終回近くまで知りませんが(笑


このドーザーのビルですが、オリジナルではdoozers buildings(ドーザーのビルディング)” またはdoozers constructions(ドーザーの建築物)” ”doozers towers(ドーザーのタワー)” 等と言っていますが、”doozers constructions” という単語が一番使われているように感じます。実際、ドーザーたちはビルだけじゃなく道路から橋まで何でも作っちゃいますから。

フラグルロックにはドーザーの生活を描いている話がいくつかあるのですが、その中にどっちのビルが優れているかを競う話があります。その回では、驚いたことに、ビルに風味づけされていました。トマト風味とかマスタード風味とか。彼らはフラグルに食べさせるために風味づけしているというよりは、純粋に出来のいい建築をするために他の原料を混ぜているに過ぎない気がしますが、これじゃあフラグルたちがむしゃむしゃ食べちゃうのもしょうがありません(そのコンテストの勝敗はフラグルに食べさせて決めようという話になります)

でもまあ、そのあたりの説明はシリーズを通して1・2回しかなく、それに反して毎回のようにフラグルがドーザーのビルを食べるシーンがあるので、「なんでフラグルはドーザーがせっかく作ったビルをパクパク食べちゃうの?」と理不尽な思いを抱く人がいてもおかしくはありません。
「ドーザーがかわいそう」
はたして本当にそうなんでしょうか?

その疑問に答えたのが第6話『THE PREACHIFICATION OF CONVINCING JOHN
日本版では『ビルディング食べちゃだめ』 まんまですね。
ドーザーがかわいそうだからとモーキーがフラグル全員にビルを食べるのをやめさせる話です。


ってわけで、次回は第6話『THE PREACHIFICATION OF CONVINCING JOHN』のリスニングをやりましょう。
ジム・ヘンソン氏演じる偉大なるジョンが初登場ですよ~♪


  • 2012.03.29 14:51 
  • Comment : (0) |
  • Trackback : (0) |
  • URL |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。