> スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • --.--.-- --:-- 
  • Comment(-) |
  • Trackback(-) |
  • URL |

> フラグルロックで英語勉強

84話『Mirror, Mirror/かがみよかがみ』 

最終シーズン84話『Mirror, Mirror』を取り上げたいと思います。日本タイトルはまんま「かがみよかがみ」だと思います。

この回はなんと、

 ・レッドの誕生日
 ・ゴーグ王妃の誕生日
 ・博士の誕生日

です。レッドとゴーグ王妃と博士の誕生日が同じ日だって知っていました?(人間界とフラグルロックとゴーグの世界が同じ時間の流れかどうかは分からないけれどね)

ちなみに、他にも誕生日の話はいくつかあります。

 ブーバーの誕生日…17話『Marooned/友だちっていいな』
 ゴーボーの誕生日…82話『Space Frog Follies/カエルくんしあわせに』
 スプロケットの誕生日…25話『Wembley's Egg/ママになったウェンブリー 』

上記3つは既に取り上げ済。

(モーキーの誕生日の話はフラグルロック絵本『Mokey's Birthday Present』で描かれています。レッドからもらった誕生日プレゼントが本当は気に入らないんだけど、それを言うと気を悪くさせるから言えないわ~ってな話です)


この回はそれだけじゃありません。
この回の最大の特徴は

種族の違う女性キャラ同士の取り合わせ

 主な登場キャラクター
  フラグルのレッド
  ドーザーのコッターピン
  ゴーグ王妃
  鏡のメイビス

女性キャラばかり。それもフラグル、ドーザー、ゴーグの女性キャラが一緒になるという、とてもとても珍しい回!

これ、テレビ放送時ではラストシーズンの最初の話です。(DVDではテレビ放送のシーズン4と5がファイナルシーズンとしてまとめられています)
前回19話 『The Great Radish Famine/ゴミーさまのねがいごと』を取り上げたのは、ホントはこの話をやろうと思ったからです。19話ではゴミーさまがフラグルとドーザーとゴーグをひとつにまとめようとしてカオス状態となりました。シーズン5で再びフラグルとドーザーとゴーグがひとつになる話が出てくるわけですね。
フラグルとドーザーとゴーグの関係がファーストシーズンとファイナルシーズンではどう変わったのかが見て取れるという意味でも注目です。


 この回のキーワード
 glue …糊、接着剤
 stirring glue …糊をかき混ぜる
 sing, whistle, yodel, gargle …歌、口笛、ヨーデル、うがい
 a party you(I) won't forget …忘れられないパーティ

その他、誕生日に関する語、birthday,party,cake,Surprise! 等の単語がよく出てきます。


 フラグル用語
  rock swat … ラケットで石を的に当てる遊び、ロックスワット
  festival of the bells… ベル祭り(クリスマス期のフラグルの祭)
  honkfish … ゴーグの近くの川にいる魚の名前、ホンクフィッシュ

 【この回の特別キャラ】
  Mavis the mirror … 鏡のメイビス


------------------- 日本語でストーリー紹介 -------------------
レッドの誕生日。でも最近パーティ続きのためみんな全く乗り気じゃない様子。
唯一レッドの誕生パーティに参加したがったのは、ドーザーのコッターピン。ふたりで歌っていると、魔法の鏡に遭遇。
未来が見えるという鏡のメイビス。「忘れられないパーティになる」と予言。
メイビスの案内に従うけれど、途中でコッターピンは帰っちゃうし、着いた先はなんとゴーグの城!
ゴーグの城の中では王様と王子が出かけて、王妃がひとりぼっち。しかも今日は王妃の誕生日。
王妃は穴の中から鏡のメイビスを取り出す。メイビスはレッドと王妃に一緒にパーティをすることを提案。レッドは鏡のメイビスを助けようとして誤ってテーブルから落とし、メイビスが割れてしまう。
そうだ、コッターピンの接着糊!
嘆き悲しんでいる王妃の下で、レッドとコッターピンは割れた鏡をくっつける。メイビスは無事生き返り、王妃は大喜び。この鏡はフラグルのものね、と王妃。でも王妃には話し相手の友達が必要なのだと、レッドはメイビスをゴーグに譲ったのでした。




  • 2014.11.27 21:22 
  • Comment : (0) |
  • Trackback : (0) |
  • URL |

> フラグルロックで英語勉強

19話『The Great Radish Famine/ゴミーさまのねがいごと』  

フラグルロックはフラグル、ドーザー、ゴーグという姿形も文化も違う種族が出てきます。
基本的にフラグルとドーザーは無関心です。フラグルはドーザーのことを「働いてばかりで楽しみのない生物」、ドーザーはフラグルを「まぬけな下等生物」くらいにしか思っていません。ゴーグにとってはフラグルは虫同様単に「気持ち悪い生物」あるいは「捕まえて遊ぶもの」であり、それ故フラグルにとってゴーグは天敵。
お互い共通点があるなんて考えもしないし、理解しようともしません。

シーズン1の19話『The Great Radish Famine/ゴミーさまのねがいごと』では、ゴミーさまがフラグル、ドーザー、ゴーグの3種族には接点があることを分からせようとします。ゴミーさまが夢見るのは

 「種族が違うもの同士が理解しあう愛に溢れた世界」

2014y08m22d_132744502.jpg

でもそうはならないんだなあ~。

シリーズが進むにつれフラグル、ドーザー、ゴーグの関係が若干変わり、ドーザーのコッターピンがフラグルと仲良くなりますが、それでも種族を超えた感動的な友情物語にはなりません。フラグルであること、ドーザーであることが優先され、友情を深め合う物語があるわけではないんです。

早い話、フラグルロックは子ども番組にありがちな「種族が違うもの同士の心温かな交流物語」ではないんです。

だって全然違う種族なんだからそんな簡単に分かり合えるわけがない。でしょ?
我々の世界を旅しているマットおじさんのシーンを見ても分かるように、始終誤解だらけで、人間とフラグルのハートフルなシーンなんてないもんね。

フラグルロックのテーマはサークルオブライフ(Circle of Life) です。
「共に生きている」ということ。

それをフラグルロック流に言うと、 ハーモニー(Harmony) です。

フラグルロックは自分とは違う生き物がいるのが当たり前の世界です。
ある種族は遊んでばかり、ある種族は働いてばかり、ある種族は暴力的、お互い理解不可能な生物が雑多に生きている世界。そこには統治者もいません。理解できようができまいが、それぞれの種族が誇りを持ち、共に生きていることを当たり前に受け入れようということなんです。だってこの世は色んな生物でひとつのハーモニーになっているんだから。
オーケストラみたいなものですね。フルートとトランペットは全然違うし、バイオリンはどうやったってトロンボーンにはならない。でもいろんな楽器が調和すると、とても豊かな音楽を奏でることができる。
フラグルロックはとっても豊かな世界なんです。


そんなわけで、今回は 『The Great Radish Famine/ゴミーさまのねがいごと』(コンプリートDVDシーズン1の4枚目)を取り上げます。

ゴミーさまはフラグルとドーザーとゴーグに共通点があることを分からせようとラディッシュを消してしまいます。
フラグルロックでラディッシュがなくなったら何が起こるのでしょうか?


【フラグル用語】
the Singing Caverns … シンギング洞窟(ゴーボーが探検に出かけた先)
radish mine … ラディッシュ炭鉱(ドーザーのラディッシュ採掘場の名前)
the Gorgs’ famous youth and beauty cream … ゴーグの若さと美のクリーム

【この回のキーフレーズ】
 listen up and listen tight … ちゃんとしっかり聞け
 Ashes! All is ashes!! … 全ておしまいだ

【この回のトリビア】
 ・ゴーボーが出てこない
 ・マットおじさんのハガキもなし
 ・ドーザーがラディッシュを原料に建築していることが分かる
 
 ヾ(❀╹◡╹)ノ゙?【注目】 ❀~?「どうしてゴーグにラディッシュが必要なのか?」
  → このエピソードでその理由が分かる

ちなみに、オリジナルタイトル『The Great Radish Famine』は、19世紀のアイルランドで起こった食糧飢饉 The Irish Potato Famine(ジャカイモ飢饉) をもじったものだそうです。


このエピソード、爆笑ですよ~っ(っ*≧▽≦)つ




  • 2014.09.02 10:45 
  • Comment : (0) |
  • Trackback : (0) |
  • URL |

> フラグルロックで英語勉強

83話『Boober Gorg/ゴーグになったブーバー』 

今日はDave Goelzさんのお誕生日だそうですので、公式動画からブーバーのシーンを。

記憶喪失になり自分の名前も分からないブーバーに、みんなが歌って聞かせるシーンです。
Boober Gorg』から I'm a little stew pot


83話『Boober Gorg/ゴーグになったブーバー』(コンプリートDVD ファイナルシーズン2枚目に入っています)のワンシーンですね。

この回の主役は勿論ブーバー。

ブーバーが記憶喪失になる話は二回あります。
一回目は26話シーズン2の『Boober Rock/ひとりぼっちになりたい』 一人きりになりたくて入った洞窟が実は記憶喪失洞窟だったというもの。この時はブーバーを追ってきたウェンブリーも記憶喪失になり、助けに来たゴーボー&レッド&モーキーも記憶喪失になっちゃうというおっそろしい洞窟でのとびっきりおかしな話です。
今回の83話『Boober Gorg』に出てくるブーバーの歌(前回紹介した公式動画の歌)は、この26話の中でブーバーとウェンブリーが歌った歌(思い出しソング)の替え歌になっています。

26話も83話もオリジナルタイトルにBoober の名前が入っていますが、この他にも Booberの名前が入った話がいくつかあります。どれもこれも傑作揃いでオススメです!





  • 2014.07.17 12:57 
  • Comment : (0) |
  • Trackback : (0) |
  • URL |

> フラグルロックで英語勉強

9話『The Lost Treasure of the Fraggle/フラグルの宝』のリスニング 

今回のリスニングはファーストシーズンから『The Lost Treasure of the Fraggle』を選びました。(コンプリートDVDシーズン1の2枚目に入っています)
日本版タイトルは「フラグルの宝」だと思います。

まんまです。宝探しの話。
ひょんなことから宝の地図を見つけ、イタズラかも~と思いつつ、地図通り進むと手がかりを発見。でも宝の在処はゴーグの城の中。みんなで夜中に城の中へ入り、ついに宝箱を手に入れます。

さてフラグルの宝とは一体何でしょうか?
2014y06m13d_131044587.jpg
これがその宝箱を開けてるシーンです。

ファーストシーズンはまだ設定が固まっていなくて、色々ツッコミどころも多いのですが、全体的に勢いがあって可笑しくてスッキリまとまっている話が多い気がします。
ウェンブリーがよく neat と言うけれど、ファーストシーズンはまさに neat なカンジ。


 この回のキーワード
 treasure … 宝
 the ancient treasure of Fraggle Rock … フラグルロックの古代の宝
 map … 地図
 according to the map … 地図によると
 a million diamonds … 100万個(無数の)のダイアモンド
 What’s the map say we do next? … 「地図では次どうするの?」

  フラグル用語
 peach and garlic pie … ピーチ&ガーリックパイ。ゴーグ王妃が作るパイ

 このピーチ&ガーリックパイ(桃とニンニクのパイ)がこの回のキーアイテムです(っ*≧▽≦)つ




  • 2014.06.16 10:39 
  • Comment : (0) |
  • Trackback : (0) |
  • URL |

> フラグルロックで英語勉強

45話『Wembley and the Great Race/勝っても負けても』 

今回取り上げるのはシーズン2から『Wembley and the Great Race
日本タイトルは「勝っても負けても」だったかな。

この話、各インタビューやファンの間で話題になったのを聞いたことがないのですが、これ、なかなか秀作じゃないですか!

ストーリーはゴーボーとウェンブリーが競争する話です。このテの競争はいつもゴーボーが1位を取るもんだと思ったら、なんとウェンブリーが勝っちゃうんです。ウェンブリー自身もびっくり! 
ゴーボーは負けたことを悔しがっていて・・・そりゃそうだよ、「競争するからには勝ちたい、負けたら悔しい」というゴーボーの気持ちは当たり前だもん。
でもウェンブリーはそうじゃない。初めから自分が勝つなんて考えたこともなくて、「ベストを尽くすことが大事なんだ」って思ってる。結果1位になって、ゴーボーも喜んでくれると思ったけど、ゴーボーの様子を見て友情が壊れるんじゃないかって恐れ次の競争では・・・。
この話はレッドが間に入ってることで一層面白くなってます。「ウェンブリーが勝ったのは運が良かったからだ」というゴーボーにレッドが「負け惜しみ」だと返して、ゴーボーとウェンブリーのタイマン勝負になるの。二回戦ではレッド曰く「ウェンブリーはわざと負けた」って。それを知って怒るゴーボー。ふたりに挟まれて、ウェンブリーは最後にキレちゃいます。
「もう一試合だって?!よーし、やってやる!でも今度は勝つか負けるかじゃない、ぼくはぼく自身のためにやるんだ!」と言い、自分の力を信じて競争するんですね。いつもどっちつかずのウェンブリーだけど、一旦決意したらとても強くなれる。そこには純粋で真っ直ぐな気持ちしかないから、ゴーボーも間違いを悟ることになります。

いいねえ。子ども番組はこうでなくっちゃ!

フラグルロックが子ども番組として優れている点のひとつは、キャラクターがちゃんと学んで大きくなるところを見せているところだと思います。
ゴーボーにしたって、リーダーでヒーローだからいつもフェアで寛大でいるべき、じゃなくて、ダメなところや未熟なところがちゃんとある。この話ではレッドに負け惜しみだと言われてムキになっちゃうところとか、2回戦で勝って「どうだ、負け惜しみじゃなかっただろ」って得意になるところとかね。他の回でも時々我を通そうとしたり、わがまま言ってたりことがあって、例えば#29『Uncle Matt Comes Home/お帰りなさい冒険マット』で自分のやり方と違うおじさんと衝突したり、#60『Gobo's School for Explorers/規則をまもれば』で仲間の状態も顧みず冒険させようとしたり、#54『Pebble Pox Blues/病気がなんだ』で看病してくれるレッドにわがまま炸裂してたり(ノ∇≦*)あはは!(ゴーボーにとってレッドはわがままを言いやすい相手なんだと思う。そして私は、お気づきのように、ゴーボーとレッドの関係がお気に入り)
ゴーボーは一見ヒーロータイプに見えるけれど、所謂ヒーロー像ではなく、成長する余白がいっぱい残ってる感じがします。

もうひとつ、この話のいいところは、競争することの価値も同時に描かれていること。『Wembley and the Great Race』「ウェンブリーと偉大なレース」というタイトルが示す通り。親友同士の競争、どちらかが勝って、どちらかが負ける。ゴーボーのように競争して勝つことが大事と思う子も、ウェンブリーのように勝負より友情第一だと考える子も、自分に照らし合わせて見ることができると思います。
この話は非の打ちどころがない。子ども番組としても王道の回だと思います。



日本語でストーリー紹介


今回は会話方式で。

怪我したレッドの代わりにレースに出ることになったウェンブリー。レッドコーチで猛特訓。
レッド「ゴーボーの負けた顔が見えるわ」
ウェンブリー「ゴーボーには勝てないよ。ぼくはベストを尽くすだけさ」

一回戦 Rockbeetle Race(ロックビートルレース)…ウェンブリー1位

ウェンブリー「やったー!信じられない。ゴーボー、ぼく勝ったよー!」
ゴーボー「負けるなんて…!ウェンブリーが勝ったのは運が良かったのさ」
レッド「負け惜しみ言っっちゃって!」
ゴーボー「誰が負け惜しみだって?!今度はふたりだけで勝負だ!」

ウェンブリー(ゴーボーが負けて旅に出る妄想)「ゴーボー、行かないでー!!」

ウェンブリー「ぼくレース止める」
ゴーボー「今更何言ってんだよ!友達ならぼくにチャンスをくれるべきだろ」

二回戦 Front&Back Race(フロント&バックレース)…ゴーボーの勝ち

ゴーボー「ほうら、負け惜しみじゃないもんねー」

レッド「ウェンブリー、あんたわざと負けたわね」
ウェンブリー「くだらないレースより、ゴーボーとの友情が大事なんだもん」
ゴーボー「わざとだって?! ウェンブリー!! 友情なんか忘れて、もう一回ぼくとレースだ!」

ウェンブリー「頭いたーい、おなかいたーい」
レッド「ゴーボーが負け惜しみなんか言うからよ」
ゴーボー「わざとウェンブリーは負けたってレッドが言ったからだろ!」
ウェンブリー「ふたりともいい加減にしてよ!ぼくをダシにしないで! ぼくは勝ってもlose(友情をなくす)、負けたらlose(負け)、勝っても負けてもloseじゃないか。ゴーボーはぼくが勝ったのは運が良かったって言ってて、レッドはぼくがわざと負けたって言ってて、ぼくは、ぼくは自分でも分かんないよ…。レース?分かった、やってやろうじゃないの。でもふたりのためじゃない。ぼくのためだ!!」
ゴーボー「ワオ…!」

三回戦 Run-Hop-Swing&Run Race(ラン・ホップ・スウェイング&ラン レース)…鼻の差でウェンブリーの勝ち

表彰式 ウェンブリー優勝
フラグルたち「ウェンブリーおめでとう!」
ウェンブリー「勝った!嬉しい!でもレースより大事なモノをなくしちゃった…親友を…!」
ゴーボー「ぼくたちは今でも親友同士さ!ごめんね、ぼく負け惜しみだったよね。優勝おめでとう。キミは最高だよ!」
ウェンブリー「本当に勝者になった気分」



  • 2014.05.22 16:00 
  • Comment : (0) |
  • Trackback : (0) |
  • URL |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。